週3「自宅でライザップ」はあなたにもできる

おカネをかけずに目指すは体脂肪率15%

ライザップ式自宅でできるボディメイク法をお教えする

体験者のビフォーアフターがまるで別人の、TVコマーシャルが有名な「ライザップ」。結果にコミットすれば、果たして自力でもあそこまで変われるものなのか?これまで多くの人のカラダを変身させた、現役のライザップ・トレーナーに、自宅でできるボディメイク法を訊いた。

ライザップが教える、自力で変身する方法

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

ライザップに行くと、確かに2カ月間通えば、確実に痩せられる気がする。トレーニングは8畳ほどの完全個室で行う。そこにはバーベルやバランスボールなどが置かれ、週に2回、トレーナーがマンツーマンで徹底指導してくれる。

マンツーマンのメリットのひとつに、トレーナーとの間に信頼関係が生まれることもあるだろう。週2回の約束を破れないし、きついベンチプレスも「あと1回!」と応援されれば限界を超えて持ち上げられる。取材中も、隣の個室から「あぁ!」と全力を尽くした男性の声が聞こえてきた。ライザップは大人の厳しい部活のようなものなのかもしれない。だからこそ、結果も出るしハマる人も多い。スタンダードコース(短期集中プラン)の29万8000円はもとがとれる部費と考えれば妥当だ。

……とはいえ時間的・料金的に通えない人も多いはず。“自宅でできるライザップ”はないのか? 同社トレーナー・鈴木那智さんに聞いた。

次ページ必要な道具はコレだけ!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。