RIZAP、2カ月30万円でも順番待ちのワケ

赤井英和さんも大変身、練られた企業戦略

落ち着いた雰囲気の受付。現在は38店舗で展開されている

ブゥーチッブゥーチッ、ブゥーチッブゥーチッ♪ 重低音のビート音が流れる中、憂鬱そうな表情とぽっこりお腹の男性が画面に映し出される。

ペーペケッペッペペーペーペペッ♪ BGMが軽快な高音に代わると一変、別人と見紛うような引き締まった体に。ドヤ顔がまぶしい。

スポーツジム「RIZAP」(ライザップ)のテレビCMが話題だ。1月から元プロボクサーで俳優の赤井英和さん(55)を起用したことで、認知度が一気に高まった。RIZAP事業を展開するのは、上場企業の健康コーポレーションだ。

500人以上が順番待ち

同社によると、CMの反響は大きく、通常なら月間3000~4000件の問い合わせ件数が7000件と急増。しかも赤井さんと同世代の50代男性からの問い合わせが増えているという。従来の利用者が女性6割、男性4割の比率で、年齢層も女性は20、30代、男性は30、40代が中心だったことを考えると、CM効果の大きさがわかる。

現在38店ある店舗では約6000人がトレーニング中。そこに500人以上の順番待ちが発生している。RIZAPは事業開始3年目の2015年3月期末で売上高100億円を予定するが、健康コーポの瀬戸健社長は「1月で売上200億円への足掛かりをつかんだ」と、早くもその先の成長を見込む。

ただ、順番待ちが発生するほどの人気とはいえ、RIZAPの料金は高いと感じる人が多数ではないだろうか。

次ページ結果が出るなら高くない?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。