サラダは本当に「メタボ脱出」の味方なのか

代謝を上げたい時の、理想の食べ方とは?

生野菜の「落とし穴」とは?(写真:しまじろう / Imasia)

「メタボ=肥満の象徴」。長年、行政機関や食品メーカーなどが国をあげて対策に打ち出したため、日本にもすっかりそんな意識が根付きました。「メタボリック症候群」という言葉の国民認知度は90%を超え、誰もが体型や日々食べるものに気を付けるようになってきました。

そんな中で、「食事改善はまず野菜摂取から!」と思っていらっしゃる方が多いように思います。でも果たして、野菜摂取で本当にメタボからの体質改善が見られたでしょうか……。

「代謝の悪さ」が大きな原因に

厚生労働省の国民健康・栄養調査(平成25年度)によると「肥満者」の割合は男性28.6%、女性19.6%となっています。前年度比では、男性の人口の約1/3が肥満傾向で、メタボという言葉の認知度が高まってきているわりに、さほど改善は見られていないもようです。

肥満には「内臓脂肪型肥満」と「皮下脂肪型肥満」との2種類があり、内臓のまわりに脂肪がたまってしまう「内臓脂肪型肥満」と、高血圧・高血糖・脂質異常症のうち、2つ以上を合併した状態を「メタボリックシンドローム」と呼んでいます。どれも体の代謝の悪さが原因の一つであり、食事の改善では、やはり野菜摂取が望ましいと言われています。

野菜摂取に関しては、近年さまざまブームになり、大きく分けると、結局体にいいのは「生野菜」なのか「温野菜」なのか、という議論があります。ですが、酵素系ダイエットのお供には生野菜、体を温めるためには温野菜と用途によるもので、一概にどちらがいいと言い切るものでもありません。

メタボ対策に関しては、「代謝をよくする」のをいちばんの目標に据えるなら、体を温める効果を期待できる温野菜が適しているでしょう。生でも体を温める効果が期待できるニンジン、カブ、玉ねぎ、ネギ、生姜、ニンニクなどは別として、サラダに入っているトマトやキュウリ、レタスなどの生野菜は体を冷やすので、メタボ改善・対策中という方は摂りすぎに注意が必要です。

次ページ「落とし穴」にはまらぬためのコンビニ飯選び!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT