1日中眠い…を吹き飛ばす食事法、教えて!

ポイントは肝臓と自律神経を労わること

春は1日中眠い、だるい……というあなたに!(写真:ocsa / Imasia)

少しずつ暖かい日が増えてきた今日この頃。「春眠暁を覚えず」という言葉があるように、春は昔から眠くなりやすい季節と言われています。夜ぐっすり眠れるということであればいいですが、目覚めが悪い、日中も眠気が続く、集中力が出ない、イライラや体のダルさを感じるということなら、要注意です。

漢方の世界では、古来より春は肝臓の動きが活発になる季節だという考え方があります。冬は寒さによって体の代謝が悪くなりがちで、人の身体には老廃物がたくさん溜まります。それを解毒しようと、肝臓が活発になるのです。

だるい、眠いは肝臓が疲れているせい?

肝臓は一般にアルコールの解毒作用が有名ですが、食べたものの栄養も腸で吸収された後、肝臓に入り、体に不要なものはそこで解毒する過程があります。食べすぎや飲みすぎ、また薬の成分なども肝臓で処理されるので、肝臓が疲れてしまい、これが日中までだるさや眠気につながっている場合があります。

また、春に眠くなりやすい理由の一つとして、季節の変わり目独特の「気圧の変化」もあるようです。これは日によって寒暖の差が激しく、自律神経が乱れがちであるために起こると考えられています。自律神経には大きく「交感神経」と「副交感神経」があり、寒い時は交感神経が優位に、暑いと副交感神経が優位になる傾向がありますが、春は寒暖の差でこれらの切り替えがどっちつかずになり、眠気やイライラにつながるのです。

脳の神経バランスをとるには、自分自身の気をしっかりさせようとする精神的な努力も必要かもしれませんが、それだけでは不十分。脳の神経機関は食品から補うアミノ酸で作られるので、食事面も気を配ってみましょう。

次ページ「あの食品」のプラスワンが効果的
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。