秋口の体の悩みは、コンビニ飯で迎え撃つ

もう不健康とは言わせない。コンビニ飯の新連載!

「コンビニ飯は不健康!」と決めつけてしまってはもったいないですよ!(撮影:今井康一)

はじめまして。「コンビニ飯活用術」の連載を担当することになりました、シニア野菜ソムリエの丸田みわ子と申します。

「シニア?」と疑問に思われる方、多いと思います。実は、野菜ソムリエには「ジュニア野菜ソムリエ」、「野菜ソムリエ」、「シニア野菜ソムリエ」という3つのグレードがあります。「ジュニア」の資格取得者が約4万7000人、「野菜ソムリエ」が2300人なのに対し、「シニア」は約120人。圧倒的に少人数である分、知識や活動の幅にそれなりの差があるわけです。

そんな“野菜オタク”のような人間が、「コンビニ飯」にフォーカスすることを意外に思う方がいるかもしれません。「コンビニ飯は不健康」、「自炊しないときちんと栄養が摂れない」など、コンビニ飯への否定的なご意見はよく耳にします。毎日コンビニ飯が続くと罪悪感を覚える、という方もいらっしゃるでしょう。

“傷みにくさ”など、コンビニ飯が秀でている面も

確かに、自炊ができればそれに越したことはありません。とはいえ、毎日忙しくしているビジネスパーソンにとって、それはあくまで理想論。特にワーキングマザーには、食事の用意と仕事の両立にこだわるあまり、ノイローゼになってしまう方が少なくないのです。

賛否両論あると思いますが、私はそんな時にこそ、コンビニ飯を頼ればいいと思います。コンビニ飯は選び方次第できちんと健康維持に貢献する食品の宝庫。各社とも綿密なマーケティングを重ね、立地に合わせて品揃えを微妙に変えているので、会社の近くと自宅付近で違う商品を楽しむこともできます。

「コンビニ飯は保存期間を長くするための加工をされているからイヤ!」という方もいらっしゃるでしょう。確かにアルコール消毒などのせいで、通常よりも食材の栄養価が落ちてしまうケースはあります。ただ裏を返せば、それは賞味期限や衛生面の管理が徹底されているということ。“傷みにくい”という点を取れば、コンビニ飯はかなり安全であるとも言えます。「危険!」とか「ヤバイ!」という印象だけで拒絶してしまっては、もったいない存在なのです。

次ページ秋口の悩みをコンビニ飯で迎え撃つ
関連記事
トピックボードAD
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。