野菜の王様!ブロッコリーは何がすごいのか

注目成分はスルフォラファンだけじゃない

ブロッコリーの秘めるパワーをご存知ですか?(写真:Kheat / PIXTA)

がんを予防する成分として「スルフォラファン」が一躍有名になり、ブロッコリースプラウトを始め、ブロッコリーを含むアブラナ科の野菜の消費量が昨今伸びています。

実はこのブロッコリー、スルフォラファンだけではなく、「野菜の王様」と呼ばれるほど栄養素密度の高い野菜。がんのほかに、高血圧、肥満、糖尿病、脳の働きの活性化など、ビジネスパーソンの健康悩みの解決に嬉しい効能が期待できることが分かってきているのです。

ブロッコリーを摂取するメリット

ブロッコリーは特に緑色が濃い緑黄色野菜で、β-カロテンを多く含み、体内でビタミンAとして働きます。また、ビタミンCはレモンの約2倍、ビタミンEはニンジンの約6倍も含まれ、あらゆる病気やがんを予防する「抗酸化ビタミン」とされているA・C・Eをすべてしっかり摂れます。

これらのビタミンは体の免疫力もアップさせるので、これからの季節、風邪やインフルエンザ予防にもぴったりと言えるでしょう。

またブロッコリーには、スルフォラファンをはじめ約200種類もの「ファイトケミカル」も含まれています。ファイトケミカルは、体内の老廃物や有毒物質を解毒する作用、紫外線などから発生する活性酸素を除去する抗酸化作用を持つもの。特にスルフォラファンは細胞レベルの微細な酸化にも反応し、体内の機能を正常に戻す作用が期待できます。

そして多くの野菜と同じく、ブロッコリーにも食物繊維がたっぷり含まれるので、便秘や肥満予防にもなるでしょう。

次ページ認知機能にも作用
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT