寿命が変わる!体内の「慢性炎症」に対処せよ

「地中海型」の食事がアナタを救うカギになる

若いのに風邪をひきやすい、ケガが治りにくい…そんな方は要注意です(写真:KY / PIXTA)

寒気が強まり空気が乾燥すると、のどや皮膚の「炎症」が起こりやすくなります。これらは比較的症状のわかりやすい炎症ですが、実は人の体の内部には、目に見えない炎症も点在しています。

これらの中には、やがてがんにつながっていくおそれがあるものもあり、「慢性炎症」としてすでに社会問題化しつつあります。いつの世もビジネスパーソンを悩ませる、原因不明の不調やイライラ。これらも体内の慢性炎症の一つかもしれないのです。

これらの慢性炎症を改善するカギを、人体に存在する「テロメア」が握っていることが、昨今の研究で明らかになってきました。

長寿者はテロメアが”長い”傾向に

この連載の過去記事はこちら

テロメアといえば、2009年のノーベル医学・生理学賞の受賞テーマとなったことをご記憶の方も多いでしょう。テロメアは人体内の染色体の末端部にある、遺伝情報を司る部分。そこでは「テロメラーゼ」という酵素がテロメアの伸長を促しています。

このテロメアの「長短」が寿命の「長短」をも握るカギであるとされ、近年世界中で研究が行われているのです。

テロメアは加齢とともに短くなっていく傾向がありますが、長寿者やその子孫を調べると、同じ年齢の人と比較してテロメアが長く、一方で慢性炎症の程度が低く、細胞が老化しにくい状態になっているため、がんの罹患リスクも低いことがわかってきました。

次ページ生活習慣次第でテロメアは削られる!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT