口内炎が治らない…改善の糸口は食事にある

ポイントは「ビタミンB2×ビタミンC」!

つらい口内炎…ケアにつながる食事法とは?(写真:Taka / PIXTA)

疲れた時に食事をしていると、思わず舌や頬の裏、唇の内側などを歯でガリッと噛んでしまい……、そこから口内炎ができてしまったという経験は、誰しもあることでしょう。

1、2週間痛みが続く場合もありますし、話すのはもちろん、食事、歯磨き、うがいをするのも一苦労ですよね。なかなか防ぎようのない事態かもしれませんが、一日も早く治す「改善食」はあるのでしょうか?

細菌や食べ物カスが原因で悪化することも!

この連載の過去記事はこちら

口内炎ができる原因は、はっきりとはわかっていないのですが、一般的な口内炎のほとんどが「アフタ性口内炎」というものに分類されます。

冒頭のように、飲食や会話中に、ご自分の歯で口内の粘膜質を噛んで、損傷を与えた場合や、薬の副作用、ストレスによる免疫力低下、また食事の栄養の偏りなども原因の一つと考えられています。多くの場合、患部は円状に白っぽくなるのが特徴です。

またウイルス性の口内炎もあり、これは体内に潜むヘルペス菌やカンジダ菌の増殖や、外気からのウイルス感染が原因と考えられています。口内炎ができたうえに発熱がある場合は、この「ウイルス性口内炎」の可能性が高いので、医療機関で診てもらうようにしてください。

「アフタ性口内炎」であっても、その後、外気や体内の細菌、食品の食べ物カスが原因で悪化する場合があるので、口の中を清潔に保ち、マスクなどで外気が口内に入らないよう、気を付ける必要があります。

次ページ冷たいもの、アツアツのもの、どちらもNG!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT