口内炎が治らない…改善の糸口は食事にある

ポイントは「ビタミンB2×ビタミンC」!

つらい口内炎…ケアにつながる食事法とは?(写真:Taka / PIXTA)

疲れた時に食事をしていると、思わず舌や頬の裏、唇の内側などを歯でガリッと噛んでしまい……、そこから口内炎ができてしまったという経験は、誰しもあることでしょう。

1、2週間痛みが続く場合もありますし、話すのはもちろん、食事、歯磨き、うがいをするのも一苦労ですよね。なかなか防ぎようのない事態かもしれませんが、一日も早く治す「改善食」はあるのでしょうか?

細菌や食べ物カスが原因で悪化することも!

この連載の過去記事はこちら

口内炎ができる原因は、はっきりとはわかっていないのですが、一般的な口内炎のほとんどが「アフタ性口内炎」というものに分類されます。

冒頭のように、飲食や会話中に、ご自分の歯で口内の粘膜質を噛んで、損傷を与えた場合や、薬の副作用、ストレスによる免疫力低下、また食事の栄養の偏りなども原因の一つと考えられています。多くの場合、患部は円状に白っぽくなるのが特徴です。

またウイルス性の口内炎もあり、これは体内に潜むヘルペス菌やカンジダ菌の増殖や、外気からのウイルス感染が原因と考えられています。口内炎ができたうえに発熱がある場合は、この「ウイルス性口内炎」の可能性が高いので、医療機関で診てもらうようにしてください。

「アフタ性口内炎」であっても、その後、外気や体内の細菌、食品の食べ物カスが原因で悪化する場合があるので、口の中を清潔に保ち、マスクなどで外気が口内に入らないよう、気を付ける必要があります。

次ページ冷たいもの、アツアツのもの、どちらもNG!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
GAFA全解剖<br>あらゆる産業をのみ込む4巨人

グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンの頭文字をとったGAFA(ガーファ)。もはやこの4社の名前を聞かない日はない。あらゆる産業や社会生活に影響を及ぼすデータ独占4巨人。その実力と戦略を解明する。