「冬うつ」を1分で吹き飛ばす、4つのご自愛術

「料理」がもたらす驚異のメンタル調整効果

冬に陥りやすい「季節性うつ」。どんな対処が効果的でしょう?(写真:Emie / PIXTA)

「寒いのが苦手。この季節になると気分が落ち込むな……」。こんな気分になる方は、もしかすると「季節性のうつ病」かもしれません。

・年末年始に食べ過ぎダラダラしてしまったせいか、身体が重い。

・寒いから外出がすごくおっくうで、誘われても行きたくない。

・甘いものや炭水化物が無性に食べたくなる。

なんて症状が続いていたら、要注意。これらが、「冬うつ」と言われる季節性うつ病のわかりやすい症状なのです。

「家を出るときも帰るときも、外は真っ暗」が原因?

この連載の過去記事はこちら

「季節性うつ病」の原因は、まだはっきり解明されていませんが、日照時間が関係していると言われています。

冬場は太陽が出ている時間が短く、それに伴い、人が光にあたる時間が少なくなります。すると、神経伝達物質であるセロトニンが減って脳の活動が鈍くなり、身体のリズムが狂ってしまうのですね。

お勤めをされている方の中には、「この時期、家を出る時も帰る時も真っ暗」という方がいらっしゃるでしょう。これでは必然的に、日光にあたる機会は少なくなってしまいます。

そんなわけで、うつうつとした気持ちからなかなか抜け出せず、仕事も捗らない……なんて状況に陥りやすいこの時期。不調に負けないよう、ツボを押さえた対策をしておくことが重要です。

次ページまずはランチタイムに「ひと工夫」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT