「冬うつ」を1分で吹き飛ばす、4つのご自愛術

「料理」がもたらす驚異のメンタル調整効果

冬に陥りやすい「季節性うつ」。どんな対処が効果的でしょう?(写真:Emie / PIXTA)

「寒いのが苦手。この季節になると気分が落ち込むな……」。こんな気分になる方は、もしかすると「季節性のうつ病」かもしれません。

・年末年始に食べ過ぎダラダラしてしまったせいか、身体が重い。

・寒いから外出がすごくおっくうで、誘われても行きたくない。

・甘いものや炭水化物が無性に食べたくなる。

なんて症状が続いていたら、要注意。これらが、「冬うつ」と言われる季節性うつ病のわかりやすい症状なのです。

「家を出るときも帰るときも、外は真っ暗」が原因?

この連載の過去記事はこちら

「季節性うつ病」の原因は、まだはっきり解明されていませんが、日照時間が関係していると言われています。

冬場は太陽が出ている時間が短く、それに伴い、人が光にあたる時間が少なくなります。すると、神経伝達物質であるセロトニンが減って脳の活動が鈍くなり、身体のリズムが狂ってしまうのですね。

お勤めをされている方の中には、「この時期、家を出る時も帰る時も真っ暗」という方がいらっしゃるでしょう。これでは必然的に、日光にあたる機会は少なくなってしまいます。

そんなわけで、うつうつとした気持ちからなかなか抜け出せず、仕事も捗らない……なんて状況に陥りやすいこの時期。不調に負けないよう、ツボを押さえた対策をしておくことが重要です。

次ページまずはランチタイムに「ひと工夫」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。