「うつになったツレ」と、離婚できますか?

夫に気を遣い続ける生活に、正直疲れました

「配偶者のうつ病」を理由に、離婚が認められるのでしょうか?(写真 :tooru sasaki / PIXTA)

夫がうつ病で休職中という女性からの相談です。うつ病になる前から結婚生活は冷え切っていたといいます。また、女性は30代半ば。出産も考えると、結婚生活を続けられないという気持ちに傾いているようです。

一方で金子宰慶弁護士は、「配偶者のうつ病」を理由に、離婚が認められることの難しさについて解説しています。

もし調停や裁判になったら?

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

Q. 「ツレのうつ」を理由に離婚は認められますか?

夫が職場での人間関係が原因で、うつ病になってしまいました。現在は会社を休職し、心療内科に通院しています。

このような状況がすでに半年以上続いていて、夫に気を遣い続ける生活に、だんだんと疲れてきました。私も日中は働いていますが、夫は家事をやる気力もないようで、出勤前と帰宅後の家事をひとりでこなすのはかなりの負担感です。

また、私は30代半ば。出産のことを考えると、このまま結婚生活を続けることに、焦りも出始めています。うつ病になる前から、夫婦関係も冷え切っていました。

夫や夫の家族には申し訳ないという気持ちもありますが、離婚したいのです。でも、夫が受け入れるかはわかりませんし、もし調停や裁判になった場合、そんな理由で離婚が認められるのかも不安です。

次ページ弁護士の見解は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。