「弱った腸」を救う食事、4つのポイントとは?

日本人の10~20%が「過敏性腸症候群」かも

年末年始のご馳走ざんまいが始まる前に、腸の悩みは解決しておきたいものです(写真:KY / PIXTA)

今年もあと数日。もう休暇に入っている方も多いかもしれませんが、この時期は職場もご家庭も大掃除の時期ですね。数日後に迎える新しい年のために、体内も大掃除! 腸をキレイにしておきましょう。

冬の寒さに耐えて命を守るため、人は本能的に「食べ込む機能」を有しており、この時期はいつもより食欲旺盛になる傾向があります。加えて師走は宴会シーズン。自主的に食事を楽しんでいる場合はいいですが、接待や忘年会での宴会は気を遣いながら食事をしているので、ストレスになっていることも多いようです。

そんな折、もしお腹のゴロゴロ、キリキリが続いているようなら、「過敏性腸症候群」になっているかもしれません。

日本人の10~20%が罹患?!

この連載の過去記事はこちら

この過敏性腸症候群の場合、健康診断や専門の検査をしても異常が見られないことが多く、近年は慢性的な症状を抱える人口が増えてきているようです。日本人のおよそ10~20%に症状がある、という説もあるほど。

症状の特徴としては、ストレスを感じると、腹痛、下痢、便秘などを繰り返すことです。腸と脳は自律神経でつながっているため、ストレスを感じると腸に影響してしまうのです。別要因で腸自体が炎症を起こしていたり、善玉菌と悪玉菌のバランスが悪くなっている可能性もあります。

以前の記事で詳しく解説しましたが、腸の不調は脳へ影響し、効率性や集中力を落とします。こういう時にミスやトラブルを起こしやすいので、負のスパイラルに陥る前に、腸の不調は1日も早く解決しておきましょう。

次ページ小麦粉、タマネギ、牛乳などを控えるべき理由
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。