体と心の「骨太化」に、不足しがちな要素とは

実はカルシウムだけを摂っていても効果薄!

あなたはカルシウムの摂取量が足りていますか?(写真:Graphs / PIXTA)

近年、海産物を好んで食べる人が減りつつあり、カルシウムやビタミンDなど骨を作る栄養素が不足傾向にあります。カルシウムは単に骨を作るだけでなく、血液の流れや筋肉の動きをスムーズにしたり、ストレスを緩和したりと、ビジネスパーソンの健康を守る上で大切な栄養素です。

骨は「カルシウムの貯蔵庫」と呼ばれ、体内にある約99%のカルシウムが骨や歯に存在しています。残りの1%が血液や筋肉、細胞内などに存在しているのですが、実はこの1%、体の機能を支える極めて重要なものです。

日本人はカルシウムが大幅に足りていない!

この連載の過去記事はこちら

骨は成長期にかけて身長や手足を伸ばし、大人の骨格を作り上げていきますが、その働きは20歳をメドにストップします。その後は食品から摂取するビタミンD、ビタミンK、マグネシウム、たんぱく質などとともに、骨量が減らないように働きかけます。

そんなカルシウムですが、近年はどの年代でも不足傾向にあるようです。厚生労働省の「日本人の食事摂取基準2015」で、20~60代男女の1日のカルシウム必要量は550mg以上、推奨量は660mg以上とされています。ですが実際は、男女20歳以上の1日平均摂取量は490mg(「国民健康栄養調査 平成26年度」より)と、大幅に足りていません。食の欧米化に伴う和食離れ、魚離れが一因のようです。

血液や筋肉、細胞内の機能を支えるカルシウムが補えなくなると、人間の体は骨からカルシウムを溶かし出して使います。その都度、骨は細く、もろくなり、骨粗しょう症につながっていくのです。

次ページカルシウム摂取は「組み合わせ」が最重要
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT