2016年、コンビニでは「スープ戦争」が始まる

NYで流行中の「ボーンブロス」、健康効果は?

来年は今以上にコンビニスープのラインナップが増えるかもしれません(写真;Nitr / PIXTA)

コンビニでのコーヒー・ドーナツ販売合戦がすっかり定着した2015年。最近では健康・美容効果が高いとされるスムージーやコールドプレスジュースのブームをとらえ、ジューススタンドを設けるようなコンビニ店舗も出てきましたね。

さて、その次に流行るものとは……? 来年は日本のコンビニにも「スープブーム」が訪れるかもしれません。

そもそもスムージーやコールドプレスジュースは、日本で流行る以前にニューヨークで大流行していたもの。今や世界の食のブームはニューヨークが牽引していると言っても過言ではありません。そんなニューヨークでの直近のブームが、「ボーンブロス」というスープなのです。

「肉類の骨 × 野菜」は理想の組み合わせ

ボーンブロスとは牛骨、豚骨、鶏ガラなど、肉類の骨を野菜と煮出したスープのこと。豚骨や鶏ガラは、日本でも中華料理やラーメンのだしでお馴染みです。フランス料理でよく用いられる牛骨エキスも、家庭ではコンソメ(ブイヨン)として使われています。

肉類の骨は、煮込むほどにグルタミン酸やアデニル酸といった旨味成分がおいしいだしを作るうえ、カルシウム、マグネシウムなどのミネラル類や、ビタミンB群が豊富に溶け出します。また、肉類の骨はコラーゲンの宝庫。長時間煮込むことでこれもゼラチン化して溶け出し、煮汁にまろやかさやコクを与えます。

ここに野菜が加われば、整腸作用のある食物繊維をはじめ、カロテン、ビタミンC、葉酸、ミネラル類もミックスされ、栄養バランスが整います。

次ページ野菜の栄養素をいっそう引き出す効果も
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。