3つのコツで、間食は「健康習慣」に化ける!

身の回りの「スーパーフード」に注目せよ

「スーパーフード」をおやつアイテムにうまく取り入れてみましょう(写真:スーパーフード)

行楽中のお供に、仕事中の間食に、簡単に食べられるスナックやドリンクが、コンビニにはたくさんそろっています。この時期は「食欲の秋」にちなんだ、季節の限定商品が続々と販売されていますね。

そんなスナック・ドリンクの中には、近年話題の「スーパーフード」がちらほら見つけられます。「健康管理やダイエットの大敵!」と思われがちな間食も、食品さえ的確に選べば、悪習慣から健康習慣にチェンジすることができるかもしれません!

栄養分が豊富でも、低カロリーな食材

スーパーフードの権威、アメリカのスティーブン・プラット医師の著書では、スーパーフードを「健康によい栄養分を豊富に含みながら、多くは低カロリーである食品」と定義付けています。代表的なものには、ココナッツオイル、アサイー、チアシード、カカオ、ブルーベリー、ザクロ、アーモンド、クルミなどの植物性食品が挙げられます。

もともとはアメリカの医療機関で注目され、研究が進められてきましたが、現在は日本の医療機関や食品会社の研究所などでも注目されるようになりました。その結果、コンビニやドラッグストアなどでも、気軽に食べられるコンパクトな「おやつアイテム」として商品化が進んでいます。

ダイエット中の方は「間食なんて絶対ダメ!」と思いがちですが、あまりにストレスを溜めて我慢するのだとしたら、逆効果にもなり得ます。むしろ間食にスーパーフードを取り入れれば、うまく健康習慣として定着させられるかもしれません。

次ページコンビニアイテムならこれ!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
GAFA全解剖<br>あらゆる産業をのみ込む4巨人

グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンの頭文字をとったGAFA(ガーファ)。もはやこの4社の名前を聞かない日はない。あらゆる産業や社会生活に影響を及ぼすデータ独占4巨人。その実力と戦略を解明する。