3つのコツで、間食は「健康習慣」に化ける!

身の回りの「スーパーフード」に注目せよ

「スーパーフード」をおやつアイテムにうまく取り入れてみましょう(写真:スーパーフード)

行楽中のお供に、仕事中の間食に、簡単に食べられるスナックやドリンクが、コンビニにはたくさんそろっています。この時期は「食欲の秋」にちなんだ、季節の限定商品が続々と販売されていますね。

そんなスナック・ドリンクの中には、近年話題の「スーパーフード」がちらほら見つけられます。「健康管理やダイエットの大敵!」と思われがちな間食も、食品さえ的確に選べば、悪習慣から健康習慣にチェンジすることができるかもしれません!

栄養分が豊富でも、低カロリーな食材

スーパーフードの権威、アメリカのスティーブン・プラット医師の著書では、スーパーフードを「健康によい栄養分を豊富に含みながら、多くは低カロリーである食品」と定義付けています。代表的なものには、ココナッツオイル、アサイー、チアシード、カカオ、ブルーベリー、ザクロ、アーモンド、クルミなどの植物性食品が挙げられます。

もともとはアメリカの医療機関で注目され、研究が進められてきましたが、現在は日本の医療機関や食品会社の研究所などでも注目されるようになりました。その結果、コンビニやドラッグストアなどでも、気軽に食べられるコンパクトな「おやつアイテム」として商品化が進んでいます。

ダイエット中の方は「間食なんて絶対ダメ!」と思いがちですが、あまりにストレスを溜めて我慢するのだとしたら、逆効果にもなり得ます。むしろ間食にスーパーフードを取り入れれば、うまく健康習慣として定着させられるかもしれません。

次ページコンビニアイテムならこれ!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 就職四季報プラスワン
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT