栄養ドリンク「グイッと1本」で疲労が倍増?

「効く」のは、栄養ではなくアレの効果

栄養ドリンクは、本当に体にいい?(写真 : toto / PIXTA)
「疲れたときにグイッと1本」
「眠いときにシャキッとするから」
「今日の疲れを明日に持ち越さないために」
かつて、「オジサンの飲み物」というイメージが強かった栄養ドリンクですが、ここ10年で急成長。今やサラリーマンはもちろん、若い女性や子供までもが気軽に飲む時代となりました。皆さんの中にも、日常的に飲むという方は多いのではないでしょうか。
しかし「その1本」が実は健康にいいどころか、あなたの体に大きなダメージを与えているかもしれないのです。

 

全国の医師が信頼するサプリメーカー社長が教える、ちょっとのコツで「疲れない」「老けない」「病気にならない」、365日元気でいる方法!

「サプリメントは飲めば飲むほど不健康になる」――拙著『サプリメントの正体』がおかげさまでベストセラーとなり、このたび、第2弾の『「これ」を食べればサプリはいらない』を刊行しました。

前著ではサプリメントのずさんな製造現場、大量に使われる添加物、その一方で、有効成分はほんのちょっぴり……といった衝撃の実態を明らかにしましたが、本著ではそれがさらにパワーアップ。

本連載では、新刊のダイジェスト版として、サプリメント摂取のリスクや、サプリメントに頼らずに健康を保つための最新情報をお送りします。

今回は多くの方が気軽に日常的に飲んでいる「栄養ドリンク」です。健康ドリンクに潜む「3つの危険」を指摘します。

次ページ疲れ回復にすぐ効くのは意外な「アレ」のせい
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT