残暑の体調不良は「歯茎」の色変化でわかる

ピンク色のはずが、赤くなったら要注意

もし体調が優れなかったら、歯茎チェックを。赤かったら要注意(Taka / PIXTA)

赤い歯茎は危険信号!それは体調不良の証拠

今年の残暑は幸いさほどではないが、やっぱり猛暑を乗り切った体はグッタリだ。単に暑さで身体がダメージを受けたというだけではなく、「のど越しのよい食事を続けた」など、食生活が乱れていても不調に結びつく。気合で無理に乗り切ると、単なる不調から病気につながることも。そんな体調を知るひとつの方法として「歯茎の変化」があるそうだ。

東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科臨床客員教授、「塚原デンタルクリニック」(東京都千代田区)の塚原宏泰院長が説明する。

「口の中には300種類以上も常在菌がバランスを保ち、体調とも密接に関係しています。体調が悪くなったり、食事内容が悪くビタミンやミネラルが足りない、あるいは偏る、さらには免疫力が低下しても、口の中の常在菌のバランスは崩れるのです。きちんとしたハミガキ習慣がある人でも、体調の変化は歯茎に現われます。赤くなったら危険信号と考えましょう」

正常な歯茎はピンク色をしている。喫煙によって血行が悪いと紫っぽくなりがちだが、通常は淡いピンク色。それが赤くなったときには、体調が崩れたサインというわけだ。

次ページ何が原因で、歯茎が赤くなるのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。