繁忙期は要注意!鬱を見分ける7つのサイン

「落ち込み」だけでなく体にも異変が起きる

年末に向けて繁忙期を迎える会社も多いが、ストレスのためこみ過ぎには注意したい(写真:EKAKI / PIXTA)

年末の仕事の追い込みでストレスがたまりやすい時期に突入した。電通の女性新入社員が昨年12月に過労自殺したことを受け、「長時間労働の是正」に注目が集まってはいるが、それでも山積みの仕事が解消されるわけではなく、“心身共に疲労困憊”ということは依然としてありがちだ。

仕事のストレスを抱えていれば、気分は落ち込み、仕事に対するやる気も薄れる。そんなとき、「もしかして、うつ病かも……」という疑念が頭をよぎることもあるだろう。

ちょっと気持ちが疲れているだけなのか、それともうつなのか。それを見分けるサインについて、メンタルヘルスに詳しい杏林大学名誉教授の古賀良彦医師は次のように説明する。

「疲れていても目が覚める」これってうつのサイン?

この連載の一覧はこちら

「うつの症状は、やる気が起きない、落ち込むなど、気分的なものが主だと思われがちですが、実は身体症状もあります。疲れているのに朝早く起きてしまう①早朝覚醒や、②頭痛、③めまい、④しびれ、⑤腰痛、⑥下痢や⑦便秘などの自覚症状があれば、注意が必要です」

次ページ急増する“完治が難しいうつ”
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。