繁忙期は要注意!鬱を見分ける7つのサイン

「落ち込み」だけでなく体にも異変が起きる

うつのきっかけとなる1つの要因は、深夜まで仕事をしなければならないことなどによる、生活のリズムの乱れ。睡眠時間が短く不規則。食事時間も定まらない。このような状態を繰り返し、過重なストレスを受けることで、じきに心身の症状として現われるようになるのだ。

すると、体にもこんな“異変”が起こり始める。一般的に、疲れていたら、布団に入ればすぐに眠れるものだ。ところが、なかなか寝つけない。ようやく眠りについたと思ったら、夜中に目が覚めてしまう。再び寝ようとしても頭は冴え、疲れがとれないまま起床時間に。食欲はなく、お腹の調子も悪い。そして、職場に着くと急に頭痛が……。このような状態が、うつのサインだ。

「うつが疑われるときには、自分で判断せずに早めに精神科医に診てもらうことが何よりです。しかし、昇進に響くことなどを考えて、受診しない人もいるのが現状と言えます」(同)。

「非定型うつ」の3割は完治が難しい

古賀医師によれば、うつの患者は今や人口の20%程度と推計されており、増加傾向にある。中でも、近年目立って増えているのが、「非定型うつ」だ。

元来うつ病は、診療ガイドラインに沿って何種類かに分類されてきた。ひどい気分の落ち込みや罪悪感などが伴う「メランコリー型」、日照時間が少なくなる秋から冬にかけて発症しやすい「季節型」、産後4週間以内に発症する「産後型」などが代表的なものだ。しかし、近年はこれらのうちどれにも当てはまらない「非定型」のうつが増えているという。

「非定型うつの約3割は、薬の治療でも改善せず、治りきらない状態が続きます。うつ病の悲しみ、憂うつ、イライラ感などの気分障害は、通常数カ月で取り除かれるのですが、約3割の人はそれが続いてしまうのです」(同)

この非定型うつの特徴として、職場へ向かうと症状は悪化するものの、趣味での外出は平気といった人もいることが挙げられる。時と場合によって症状が変わることを、患者本人にはどうすることもできない。だが、他人から見れば「怠けている」「わがまま」のように見えてしまうため、周囲との関係性は一層難しくなり、さらにストレスを抱えてしまう。

「昨年12月、労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度が導入れましたが、うまく活用できない人もいるでしょう。労働環境の改善が難しいときには、自己防衛が何より大事です。ご自身で身を守ってください」(同)

古賀医師によれば、職場でストレスを感じやすくなる原因は、大きく分けて以下の4つにあるという。

①仕事量が多い
②自分が思うように取り組める自由度の高い仕事が少ない
③上司が仕事に口をはさむが、サポートはない
④報酬が少ない

 

「こうしたストレスが積み重なって、解消できないほどに膨らむことで、結果として心身への悪影響を及ぼします。毎日少しずつ発散することが大切です」(同)。

次ページ気軽にできるストレス発散法
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。