栄養ドリンク「グイッと1本」で疲労が倍増?

「効く」のは、栄養ではなくアレの効果

では疲れや体調不良を感じたら、どうすればいいのでしょうか。答えはごくシンプルで、「休めばいい」のです。

「疲れを感じたらグイッと1本」ではなく、「1日休みを取って寝る」。これが最短にして最良の疲労回復法です。

もちろん、忙しいビジネスパーソンが仕事をなかなか休めないのはわかります。しかしそこで無理を続けて倒れたり、病気になったりしたら、その損失は計り知れません。

こういうものに頼って「その場しのぎ」「疲れの先送り」をするような生活は、根本から見直していただきたいと思うのです。

疲労回復には「コレ」がお勧め!

とはいえ、少々の疲れや体調不良があっても「今日1日だけは休めない」「どうしても午後の会議だけは出席しないといけない」というときもあるでしょう。

そのような場合の対策についてお教えしましょう。

栄養ドリンクの「錠剤」版があるのをご存じでしょうか。みなさんがよく目にするブランドのドリンク剤も、ほとんどが錠剤バージョンを出しているはずです。薬局で聞けば出してくれます。

錠剤であれば、糖分や添加物の摂取を最小限に、栄養素を効率よく摂取できます。疲れに悩んでいる場合は、ビタミンB群の入ったものがお勧めです。

毎日の食生活も大事です。たんぱく質がしっかり摂れているか、野菜をちゃんと食べているかもチェックしてみてください。加工食品や総菜の野菜はビタミンやミネラルが失われている場合が多いので、なるべく自宅で調理したものや、外食をするにしても食材の下ごしらえからしているお店で食事を摂ることが大事です。

また、女性、特に閉経前の方は、鉄不足による貧血によって疲労を感じることがあります。休んでも、疲れがなかなか抜けない場合は、鉄不足を疑ってみてください。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
  • コロナショックの大波紋
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。