日本人の4人に1人、「かくれ胃病」の撃退法 健診で「異常ナシ」でも、油断できない

✎ 1〜 ✎ 69 ✎ 70 ✎ 71 ✎ 最新
拡大
縮小
慢性的な胃の不調と戦うためには、どんな食事が理想的?(写真:Alliance / PIXTA)

新年会のピークも過ぎ、そろそろ食べすぎ・飲みすぎの悩みが減ってくる頃でしょうか。一方、胃もたれを機に食事をセーブしているのに、いつまでたっても胃の様子が思わしくない……という方も少なくないでしょう。

食欲がないなど、わかりやすい症状があるならともかく、食後必ず胃が痛くなる、少量しか食べていないのに胃もたれする……という方は、日本人の4人に1人が悩むといわれている胃の病「機能性ディスペプシア」かもしれません。

検査では「炎症」が認められないのに……

この連載の過去記事はこちら

「機能性ディスペプシア」とは聞き慣れない方が多いと思いますが、これは近年新しく確立された胃の病のひとつ。少し前までは「慢性胃炎」や「神経性胃炎」と診断されていたものです。

胃炎は本来、胃の粘膜に炎症が起きており、病院での検査や健康診断でなんらかの異常が認められるものです。

ただ、健診結果に問題はなく、病院でさまざまな検査を受けても異常が認められず、それでも本人が「胃の不調」を訴えるケースが少なからずあり、それを「機能性ディスペプシア」とするようになってきました。

「ディスペプシア」には、胃もたれを始め、早期満腹感(食べてもすぐにお腹がいっぱいになる症状)、胃痛などの症状が含まれます。ストレスなどにより自律神経が乱れ、これが胃の働きの異常を引き起こすため「機能性」という言葉が頭についています。

次ページ食べることを怖がってはいけない!
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT