日本人の4人に1人、「かくれ胃病」の撃退法

健診で「異常ナシ」でも、油断できない

慢性的な胃の不調と戦うためには、どんな食事が理想的?(写真:Alliance / PIXTA)

新年会のピークも過ぎ、そろそろ食べすぎ・飲みすぎの悩みが減ってくる頃でしょうか。一方、胃もたれを機に食事をセーブしているのに、いつまでたっても胃の様子が思わしくない……という方も少なくないでしょう。

食欲がないなど、わかりやすい症状があるならともかく、食後必ず胃が痛くなる、少量しか食べていないのに胃もたれする……という方は、日本人の4人に1人が悩むといわれている胃の病「機能性ディスペプシア」かもしれません。

検査では「炎症」が認められないのに……

この連載の過去記事はこちら

「機能性ディスペプシア」とは聞き慣れない方が多いと思いますが、これは近年新しく確立された胃の病のひとつ。少し前までは「慢性胃炎」や「神経性胃炎」と診断されていたものです。

胃炎は本来、胃の粘膜に炎症が起きており、病院での検査や健康診断でなんらかの異常が認められるものです。

ただ、健診結果に問題はなく、病院でさまざまな検査を受けても異常が認められず、それでも本人が「胃の不調」を訴えるケースが少なからずあり、それを「機能性ディスペプシア」とするようになってきました。

「ディスペプシア」には、胃もたれを始め、早期満腹感(食べてもすぐにお腹がいっぱいになる症状)、胃痛などの症状が含まれます。ストレスなどにより自律神経が乱れ、これが胃の働きの異常を引き起こすため「機能性」という言葉が頭についています。

次ページ食べることを怖がってはいけない!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。