ジカ熱は「対岸の火事」扱いでは済まされない

ヘタをすると世界中に拡大する恐れがある

ブラジルではジカウイルスを媒介する蚊の駆除に力を入れている(写真:REUTERS/Oswaldo Rivas)
この連載の一覧はこちら

マイクロソフトの共同創業者兼元会長兼顧問で、ビル&メリンダ・ゲイツ財団共同創業者であるビル・ゲイツ氏が昨年、「今後数十年のうちに1000万人を超える人間を死に至らしめることがあるのなら、それは戦争ではなく感染率の高いウイルスによるものだろう」と発言し、グローバル・ヘルス・セキュリティの重要性を訴えたのは記憶に新しい。

2014年以降のエボラ出血熱の大流行に続いて、今、ジカウイルス感染症(ジカ熱)がアメリカ大陸を中心に、にわかに注目を集めている。

ジカ熱とはどのような病気なのか

ジカ熱は、ジカウイルスによって起こる、蚊を媒介して感染する感染症。感染しても症状がないか、症状が軽いため気付きにくいこともある病気だ。蚊に刺されてから2〜7日程度の潜伏期間のあと、デング熱とよく似た、軽度の発熱や発疹、結膜炎、筋肉痛、関節痛、倦怠感、頭痛などの症状が2〜7日間程度続き、症状は自然に治まる。

最近では、ブラジル保健省は妊娠中のジカ熱感染と胎児の小頭症に関連がみられるとの発表をしているものの、現時点でその感染メカニズムはまだ分かっていない。

また、今のところ、ジカ熱はウイルスに感染したヒトを蚊が吸血すると、蚊の体内でジカウイルスが増え、その蚊が別のヒトを吸血することでジカウイルスが伝播する感染メカニズムであり、感染したヒトから他のヒトに直接感染するような病気ではない。

これまでにジカ熱は、アフリカ、中央・南アメリカ、アジア太平洋地域での発生が確認されており、特に近年は中南米で流行しているが、どの流行においても、ジカ熱による死亡者は出ていない 。

ではなぜ今、ジカ熱が注目を集めているのか。

次ページなぜ注目を集めているのか
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT