あのギョウ虫検査が義務ではなくなった事情

1949年検査では64%の小学生に卵があった

人類と寄生虫との戦いの最前線はどうなっているのでしょうか?(写真:Suwin / PIXTA)

かつて筆者はロンドン大学の衛生熱帯医学大学院で勉強していました(「ウィルスって最強じゃん!」から始まった)。当時専攻していたのは、「医学寄生虫学」という学問でした。

この連載の一覧はこちら

この学問は、寄生虫の中でも特に人間に害を及ぼすものや、それを媒介する生き物、その予防や対策について学ぶもの。1929年に建てられた校舎には、蚊やノミ、ダニのオーナメントが飾られているほか、指導教官の1人は、ロンドン郊外の自宅の庭に温室を建てて、マラリアを媒介する蚊を実験用に育成していました。

寄生虫による疾患者は世界で28.5億人

一方の日本でも寄生虫が身近だった頃があります。小学生のときお尻にセロファンをペタペタした記憶があるのではないでしょうか。あれは「ギョウ虫」という寄生虫の卵の有無を調べる検査でした。その検査も2016年4月からは義務ではなくなりました。そのため、ますます寄生虫は私たちの生活から遠い存在になっています。

でも世界に目を向けてみると、主な寄生虫による病気にかかっている人は、世界中でなんと約28.5億人もいるのです。これは世界の人口の約4割にもあたります。今回の記事では、ギョウ虫をはじめとする寄生虫による病気の最前線について、見てみたいと思います。

寄生虫は、人間を含む動物に寄生して食物をせしめる生き物のことで、英語ではパラサイトと言います。パラサイトシングルと呼ばれる、社会人実家暮らし、基礎的生活条件を親に依存している独身者のことを想像すると、その生態がイメージしやすいかもしれません。

パラサイトシングルが、家という箱モノや食料といった栄養分がないと路頭に迷ってしまうのと同じく、寄生虫も寄生される動物(宿主)なしでは生きていけません。

次ページ人につく寄生虫の種類は?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • インフレが日本を救う
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。