日本はなぜ「結核中蔓延国」から脱せないのか

大阪あいりん地区は南アと同じ結核罹患率

過去の病気と思われがちな結核だが、あいりん地区では…(写真:嘉山貴洋 / PIXTA)

連載を久しぶりに再開いたします。筆者は職場を変えたことに伴い、東京から関西に拠点を移しました。

この連載の一覧はこちら

拠点を移してからまず最初に向かったのが、大阪市西成区に位置する、あいりん地区(釜ヶ崎)。以前、ミャンマーと白内障の関係について紹介しましたが(なぜミャンマーで白内障患者が急増したのか)、あいりん地区もまた、公衆衛生(パブリックヘルス)やグローバルヘルスに携わる身としては、気になる地域の1つでした。

それは、このあいりん地区で結核を発症する人の割合が、2015年時点で南アフリカと同程度、スワジランドよりも多いという統計もあるから。

その現状を探るべく、女1人、平日の昼間にあいりん地区を歩いてみました。

現代のスラム街

あいりん地区は、日本最大の日雇い労働者向け簡易宿泊所が集まる所として有名ですが、最近では高齢化が進み、生活保護受給者が2.5人に1人、簡易宿泊所が福祉アパートに模様替えするなど、超高齢化が目立つ日本最貧困地域です。

JR新今宮駅の高架下を抜けた途端、ふん尿のにおいがあたりに一気に立ち込めます。吐き気を催しつつも気を取り直し、あいりん労働福祉センターの前の横断歩道を渡ろうとしたとき、異変に気づきます。

道を1本隔てただけで、あたりには中高年の男性しか見当たらず、閑散としているようで、人の気配を感じます。そして日雇い労働者と思われる男性が自転車で私の周りをくるくると旋回しだしました。

次ページ身の危険を感じた
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。