知らないとヤバい!インフル「基本中の基本」

細菌・ウイルスの本質を理解していますか

警戒レベルを高めなければならないシーズンがやってきました(写真:xiangtao / PIXTA)

これからがインフルエンザの流行シーズン

この冬は年末年始など例年よりも気温が高めの暖冬が続いてきたが、1月も半ばを過ぎて東京都内でも交通機関が大混乱するほどの積雪がみられるなど、一気に寒さが厳しくなってきた。厚生労働省は1月15日、インフルエンザの流行シーズンに入ったと発表。学校や職場などでマスクをする人も増えてきて、インフルエンザに限らず、ノロウイルスなどの感染症への警戒ムードが高まっている。

池上彰さんのわかりやすい解説で、インフルエンザなどの仕組みにして切り込む

TBSテレビが1月27日(水)よる8時から3時間SPで放送する『テレビ未来遺産 緊急!池上彰と考える今年の細菌・ウイルス大疑問』は、インフルエンザをはじめとする感染症や、患者数が増え続けている花粉症・アトピーなどのアレルギー、話題の腸内細菌などの研究成果や新事実、本当の仕組みについて、わかりやすい解説で定評のあるジャーナリストの池上彰さんとともに切り込む。

そもそもなぜインフルエンザは寒い冬を中心に流行するのだろうか。風邪とはいったい何か。なぜ、のどが痛くなって熱が出るのか。どのように感染するのか――。こうした基本的なメカニズムをちゃんと理解している人は、実は多くないだろう。

次ページインフルエンザが寒い冬に流行すのはなぜ?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT