なぜミャンマーで白内障患者が急増したのか

世界で最も失明率が高い国を救うには?

ミャンマーは最も失明率が高く、白内障による失明の割合が多い
この連載の一覧はこちら

今回は、私が3年ほど前から携わっているミャンマーの白内障プロジェクトに関するお話をしたいと思います。

突然ですが、皆さんは「真っ暗な世界」を体験されたことがあるでしょうか。私は大学生のとき、教職員免許取得のために訪れた視覚特別支援学校で真っ暗な世界を体験したことがあります。

真っ暗な世界の怖さ

学校でのプログラムで、私に課せられたミッションは、アイマスクをつけて学校から池袋駅まで電車に乗って帰ってくるというものでした。

いきなり真っ暗な世界に放り込まれた私は足がすくみ、校内の障害物のない真っすぐな廊下をただ進むだけとわかっていても、壁伝いに一歩一歩足を出すのが精一杯でした。ましてや、一日55万人もの人が行き交う池袋駅で電車に乗るなどといったらもう半分パニック状態でした。

付添いの人にしがみつきながら、なんとか電車に乗ったことが、本当に強烈な記憶として残っています。

この体験によって私は、視覚障害者が生きやすい社会の実現と、眼が見えなくなる人をひとりでも減らしたいという想いを強く抱くようになりました。

それから十年ほど経って、いろいろな方のご縁で、ミャンマーで白内障患者を救うプロジェクトに携わることになります。

次ページミャンマーでは白内障が国民病に
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT