7カ国の亜女子が語る、日本人の「ここがムリ」

その「常識感覚」にアジアの同僚は辟易かも

(写真:Kzenon / PIXTA)

アジアでビジネスをしているそこのアナタ、その国の事情をどのくらいご存知だろうか。現地で働く日本のビジネスパーソンに聞いてみても、日々の業務に終われ、意外とその国の事情、心情を知らぬまま過ごしている人は少なくないのではないか、と思う。

そこで博報堂亜女子会議では、日本人とビジネスをしている各国OLたちに、自国の国民性と、日本人ビジネスパーソンについて日ごろどう感じながら仕事をしているのか、率直な意見を聞いてみた。

答えてくれたのは、中国(上海)、ミャンマー(ヤンゴン)、マレーシア(クアラルンプール)、タイ(バンコク)、ベトナム(ホーチミン)、インドネシア(ジャカルタ)、韓国(ソウル)の7カ国の亜女子OLだ。

ヤンゴン女子「人前でしからないで」

日本でも、女性たちを敵に回したら大変な目に合う……という職場がよくあるし、それはどんな国でも同じだ。ここに紹介する亜女子の意見はあくまで個人的なものの集積だが、ちょっと耳を傾け、異国でのビジネスライフを円滑に、快適に過ごしてほしい。

まずは「日本人上司」に対する、亜女子部下たちの見方だ。

「人前でしからないでほしい」と嘆くのは、ヤンゴンのタッタさん(24)。「(日本人の)社長にしかられたとき、感情的になって涙が出てしまいました」。国によっては、人前で怒られることにものすごく抵抗を感じるという場合もある。それがきっかけで辞められてしまっては、会社にとっても痛手だろう。「ミャンマー人をもっと理解して接したら、職場の雰囲気はよくなるのに」(タッタさん)。

「日本人の上司には、『ノー』と言ったり、論争したりしてはダメ。日本のワーキングスタイルは、つねに「はいはいはい」と言い、上司に盾突かないことだけど、このスタイルは正直好きじゃない。チームのメンバーは自由に討論して、最善の解決策を一緒に見出すほうが好き」(ホーチミン・リエンさん・23)。

うーむ、これらを聞くと、日本式のマネジメントはかなり遅れている?という感じを受けてしまう。

次ページ若手のアナタも、油断するなかれ
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。