亜女子はなぜ、SNSをここまで「盛る」のか

転職から政治的活動まで、徹底的に使い倒す

盛りに盛りまくる亜女子たちのSNSプロフィール画像

アジア随一の先進国である日本だが、こと若い女子たちのSNS活用という分野においては、ずっと遅れているのかもしれない。ちょっと海外に目を向けてみると、亜女子(アジア女子)たちは、スマホ片手に複数のSNSを用途別に使いこなし、自己アピール全開なのだ。

タイ、マレーシア、ミャンマー、ベトナム、インドネシア、中国、韓国の7カ国に暮らす「博報堂亜女子会議」の女子たちに聞いてみたところ、主に使っているSNSは、Facebook、Twitter、Instagram、LINE、Whatsapp、Viber、Skype、755、Zalo(ベトナムのチャットアプリ)、kakaotalk(韓国発)、Wechat(中国で普及)、Path(インドネシアで普及)、Linkedin、Tangoなどで、1人が複数を使いこなしている。聞いたことのないものがある人は要チェックだ。

一生のパートナーもSNSで

ところで、Facebookの友達数、あなたには何人いるだろうか。驚くことに、亜女子の多くは1000人超え。芸能人でも企業家でもない普通の女性達が、である。ちなみに日本の普通のOLで友達数1000人超という人を私は知らない。多くて500~600人、平均100-200人、数十人という人もざらである。  

「友達の友達はもちろん友達よ」。そう口を揃える亜女子は、友達の友達からの申請ならば会っていなくても「承認」するようだ。まったく知らない人からの友達申請も、相手の様子を探ってよさそうならば友達になる。いったいどんなモチベーションがあって、こんなにも友達数を増やすのだろう。

ベトナム・ホーチミンのマルさん

ベトナムのマルさんは、「Facebook上で知り合いになったオーストラリア在住のベトナム男子とチャットを重ね、彼が帰国した時に会いました。友達が多いと楽しみも増え、多くのことを学べるわ」と話す。マレーシアのダヤさんも、現在の婚約者はFacebookが縁だったという。友達の友達として知り合い、コメントをみて人柄を知り、メッセージを送り合って、仲を深めていったそうだ。

次ページ自撮りは神に対する罪?ジャカルタで議論沸騰
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。