「未承認薬」が使える日は訪れるのか

米J&Jが患者の要請検討する委員会を設置

ニューヨーク大学のアーサー・L・キャプラン氏(写真:Richard Perry/The New York Times)

ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は、患者からの未承認薬使用の要請について検討を行うため、著名な医学倫理学者を迎えて委員会を創設する。

J&Jは5月7日にこの決定についての発表を行った。同社のこうした展開は業界初の試みだと思われるが、J&Jの規模と影響力を考えると、他社もこれを受けて追随する可能性がある。J&Jがこうした動きに出た背景には、末期患者がその病気の治療に効果があると思われる医薬品を、試験段階であっても入手しようとする動きが、少数ではあるが増えてきているという状況がある。

エボラでも明らか、使える未承認薬はわずか

そうしたケースの中には、家族や支援者らが患者の代わりに運動を行い、ソーシャルメディアで大きく注目を集めたものもある。だが、多くの場合、その努力は実を結んでいない。なぜなら、製薬会社は未承認薬の利用を認めることにより、臨床試験に支障をきたすのではないかと懸念するからだ。エボラ出血熱の流行時に見られたように、患者に提供できる薬は非常に少ない。

この問題には、公平さや治療機会の平等といった根本的な問題も関係し、熱心に論じられるようになっている。10以上の州で、未承認薬の利用を認めるプロセスのスピードを上げるため、法案が検討されてきた。

J&Jによると、同社が設置する委員会を監督するのはニューヨーク大学のアーサー・L・キャプランだ。キャプランは「コンパッショネート・ユース(人道的使用)」として知られる、未承認薬の利用について幅広く執筆してきた。J&Jの委員会は医師や倫理学者、患者の支援者らで構成され、数に限りのある未承認薬を入手したいという患者からの要請について検討し、J&Jがどう対応すべきかを決定する。

このプログラムの資金はJ&Jが提供するが、同社によると、J&Jが委員会の決定に影響を及ぼすことはなく、資金は直接ニューヨーク大学に支払われるという。キャプランはこのプログラムでの仕事で、報酬を受け取ることはない。

次ページ未承認薬を誰に提供するのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT