武田薬品が京大と提携、iPSで何をするのか

10年で200億円を提供、共同研究の狙い

「これまでにない医療をつくりたい」と思いが一致した、京大の山中教授(左)と武田のウェバー社長

武田薬品工業から共同研究契約の規模を、「大」「中」「小」のどれにするか尋ねられた京都大学の山中伸弥教授は、「やるのなら大規模で」と即答したという。こうして、iPS細胞(人工多能性幹細胞)研究で国内最大規模の提携が生まれた。

国内製薬最大手の武田が、ついにiPS細胞の医療応用に本格参入する。タッグを組んだ相手は、日本のiPS細胞研究の総本山である、京都大学iPS細胞研究所(CiRA:サイラ)だ。iPS細胞を使って新薬の開発を効率化し、将来的にはiPS細胞そのものを利用して病を治す再生治療も視野に入れる。

武田のクリストフ・ウェバー社長がCiRA所長の山中伸弥教授の元を訪ねたのは昨年9月のこと。ウェバー社長は「会ってすぐに『iPS細胞を使ってこれまでになかった医療を作りたい』というお互いのビジョンが合致した。待っている患者に早く新しい医療を届けるために、短期間での提携に至った」と、ワクワクした面持ちで話す。

 武田の施設でともに研究

今回の提携は、国内のiPS細胞研究で最大規模のものとなる。武田はCiRAに10年間で200億円の研究資金を提供するほか、研究設備や創薬技術など120億円以上に相当する研究支援も別途行う。

共同研究を行うのは武田の湘南研究所(神奈川県藤沢市)内の専用研究スペース。大学の研究者が企業の研究所に出向いて研究を行うケースは、これまでにほとんど例がない。湘南研究所には武田とCiRAからそれぞれ約50人ずつ、合計で100人前後の研究者が集まり、およそ10のプロジェクトチームを作って研究を進める予定だ。対象疾患の候補は、糖尿病、精神・神経疾患、がん免疫療法など多岐にわたる。

次ページ最初からヒトの細胞で試験可能に
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 今日も香港から
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。