逆境続く武田薬品、ウェバー新社長の苦悩

アステラスに抜かれた武田、新薬の将来性に疑問符

今年6月に武田薬品工業の社長に就任したクリストフ・ウェバー社長

「私は非常に負けず嫌い。今の状況を気に入っていない」

10月30日に開かれた、武田薬品工業の2014年度中間期(4~9月)の決算説明会。6月に社長就任後、初めて投資家の前に現れたクリストフ・ウェバー社長は、アステラス製薬に株式時価総額で逆転されたことについて、悔しさを隠さなかった。

国内製薬最大手として君臨してきた武田が、時価総額で逆転劇を許したのは10月6日。2007年には7兆円を超え、アステラスに2倍以上の差をつけていた武田の時価総額は、そこから2分の1の水準で停滞している。一方、アステラスの時価総額は2011年を底に上昇カーブを描き、リーマンショック前を超える水準に達している。

特許切れの対応で明暗

明暗を分けた最大の要因は、2010年前後に両社を襲った薬の“特許切れ”ラッシュへの対応の成否だ。薬は特許が切れると、安価な後発品への切り替わりが進むため、売り上げが激減する。

アステラスは前立腺肥大症治療薬「ハルナール」が米国で09年に特許が切れ、07年度に1224円あった売り上げは、2013年度に596億円まで縮小した。しかし、そこを新製品でうまく補った。

なかでも注目を集めているのが、2012年の米国発売を皮切りに26カ国で販売中の前立腺がん治療薬「イクスタンジ」だ。2014年度の販売計画はすでに1000億円に上り、複数の業界アナリストがピーク売上高を年間3000億円超と見込んでいる。

次ページ3薬だけで6000億円が消失
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。