逆境続く武田薬品、ウェバー新社長の苦悩

アステラスに抜かれた武田、新薬の将来性に疑問符

今2014年度の営業益予想は、前期の1392億円に対し1500億円の予想(IFRS基準)と、増益を見込む。しかし、遊休不動産の売却益(上期約250億円)を含むため、本業ベースでは減益の見込みだ。

 復活の切り札になると武田が期待を寄せるのは、潰瘍性大腸炎とクローン病の治療薬「エンティビオ」だ。今年6月の発売から9月末まで、12カ国で63億円を販売した。

「年間売上高は20億ドル(約2300億円)に達する可能性がある」とウェバー社長も鼻息が荒い。来年3月には、エンティビオについての投資家向けイベントを米ニューヨークで開催するほど、気合の入れようだ。

アステラスも4年後は主力製品が特許切れ

ただし、当面は中等度から重度の患者に対象が限られ、別の標準薬での治療後の使用に限るという条件がある。そのため、クレディ・スイス証券の酒井文義アナリストは、2018年度の売上高を370億円と推計(上表)。武田のもくろみどおりに大型薬に育つかは未知数だ。

順風満帆なアステラスも、安閑とはしていられない。4年間の猶予があるとはいえ、2018年には、現在の主力製品である過活動膀胱治療薬「ベシケア」、非小細胞肺がん治療薬「タルセバ」の米国での特許切れが迫る。バークレイズ証券の関篤史アナリストは、これにより「営業利益が1000億円は吹き飛ぶ。だが、イクスタンジに次ぐ、いい新薬候補があまりないのが懸念」と指摘する。

絶え間なく特許切れの波が押し寄せるのは製薬業界の宿命だ。武田とアステラスの競り合いの行方は、大型新薬のコンスタントな創出力にかかっている。

(撮影:尾形文繁)

(「週刊東洋経済」2014年11月15日号<11月10日発売>掲載の「核心レポート03」を転載)

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。