怖い!「骨の老化」は20代からどんどん進む

カルシウム摂取だけじゃ予防にならない?

あなたも「骨粗しょう症予備軍」?(写真:Elnur / PIXTA)

「骨粗しょう症」と聞くと、高齢者の生活習慣病というイメージを持っている人も少なくないでしょう。ですが近年、高齢者だけでなく、若年層の「骨密度」の低下が問題視されています。

「骨密度」は、骨の強度を表す値。成人で80%以上が正常とされ、70%以下まで低下すると「骨粗しょう症予備軍」となってしまいます。ただ、一般的な健康診断の項目にはないので、自分の値を知らないという人が多いのではないでしょうか。

骨密度低下の原因は、主にカルシウム不足と運動不足。ちなみにカルシウム不足は、イライラの増幅、集中力の低下など、精神面にも悪影響を来たしますので、併せてケアしておきたいですね。

骨は知らないうちにどんどん老化する

成人の体は、全体重の約1%がカルシウムでできています。そのカルシウム量の99%が骨や歯の材料となり、残りの1%が血液や筋肉の形成、そして集中力などにかかわる精神安定のために使われます。

骨の形成は、成長期とともに最盛期を迎え、20歳を過ぎると早くも減少に転じます。その後は、日々のカルシウム食品の摂取で骨量が減らないよう努力しなくてはなりません。また、骨は動かすことによって鍛えられるという特質があるので、オフィスにこもりきりのビジネスパーソンは要注意。「年齢に関係なくどんどん老化する!」と、肝に銘じましょう。

運動時間を取れない方は、通勤の際、一駅先まで徒歩や自転車で行くようにしたり、駅ではエスカレーターではなく階段を利用するようにしたり、意識的に骨を動かす機会を増やしましょう。

とはいえ、やはり食事面は最重要。厚生労働省の調べでは、働き盛りの20~50代(男女)の1日のカルシウム摂取量は、いずれも400mg台です。国の推奨量は成人男性の場合、20代が 650mg、30~40代は550mg、50代は600mg、成人女性は20~50代いずれも550mgとなっています。どの年代も大幅にカルシウム量が 足りていないのが現実ですね。

次ページカルシウムだけでは不十分
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT