「妊婦のつらさ」は"3つの習慣"で軽くなる

「ゴッドハンド」が高齢出産で大事にしたこと

“妊婦のつらさ”は「3つの習慣」で軽くなる(写真:kou / PIXTA)
40代でむかえる初めての妊娠・出産。喜びの一方で自分の体の変化に対して、どのようにケアしていけばいいのか悩むことも。女優、モデルが絶大な信頼を寄せる「ミッシィボーテ」カリスマエステティシャン・髙橋ミカさんも高齢出産を体験。美容のプロが考える高齢出産の際の妊婦のカラダのケアを『43歳、最高の出産~楽しい妊婦生活&安産のためのアドバイス47』にまとめています。高橋さん自身がボディケアで気をつけたことを実体験をベースに語ってもらいました。

 

42歳で妊娠。43歳で出産。高齢出産の女性が増えている昨今でも、この年齢は上のほうではないでしょうか。エステティシャンという仕事柄、これまで数多くの女性の体に触れてきて、その変化を感じ取ってきました。妊娠と出産が女性の体にどれだけ影響を与えるのかも見てきました。そしていよいよ私の番になったのです。

健やかな子どもを授かるために、そして安心、安全な出産のためには何に気をつけたらいいのか、妊婦にいいという食事、運動、マッサージ……美容のプロとして考えつくかぎりのことを実践してみました。その中でとくに「やってよかった!」と思うおすすめを3つご紹介します。

妊娠、出産は本当に人それぞれです。これを行えば必ず安産になる、高齢でも大丈夫、というお約束はできませんが、私にとって最高の妊婦生活と出産を叶えられたのがそれらの結果なのも確かです。私の経験を参考に、それぞれの方ならではのベストな妊娠&出産を迎えられることを願っています。

1. 若くても若くなくてもオイル!

友人からも聞いていたし、妊娠中に必ず話題に上るのが「妊娠線をどう防ぐか」ということ。高齢になるほどできやすくなるのかというとそんなことはなく、妊娠線は年齢に関係なく――20代妊婦でも40代妊婦でも――平等にできるのです。これをどう防ぐかといえば、「保湿とマッサージ」、これ以外にありません!

次ページ妊娠線予防のマッサージ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。