職場の妊婦は、なぜこんなにも辛くなるのか

思い込みで自分を追い詰めてはいけない

仕事との両立、周囲との付き合い方に悩んでいます(写真 :Ushico / PIXTA)
結婚・出産で大きく変化する女子の人生は、右にも左にも選択肢だらけ。20代はもちろん、30代になっても迷いは増すばかり。いったいどの道を選べば幸せに近づけるのか? 元リクルート“最強の母”堂薗稚子さんがお答えします。
※お悩み相談はこちらのアドレス(onnaーsodan@toyokeizai.co.jp)まで

 

【ご相談】
念願かなって第一子を妊娠しました。まだ安定期に入っていませんが、上司にも報告し、同僚にも伝えられました。すると、上司から「妊婦さんに無理はさせられない」などと言われ、頑張ってきたプロジェクトから外されてしまいました。病気ではないのに、とがっかりしている自分がいます。
一方でこれまでと同じように平気で残業を頼んでくる人もいて、妊婦に対する気遣いがなさ過ぎると感じることもあります。周囲の態度や言葉にいちいち過敏になって振り回されてしまい、ストレスがたまって辛いです。「こう接してもらいたい」とはっきり言えればいいのかもしれませんが、体調は予測不能で無責任なことも言えないし、主張ばかりするのは気が引けてしまうし、ひとりでイライラを募らせています。こんな精神状態は、自分にも赤ちゃんにも良くないと思います。できれば、会社を辞めずに出産し、産休・育休を取って、仕事を続けたいと思っていましたが、同じような経験をした年齢の近い先輩もおらず、出産まででさえ続けていけるのか不安になってきました。
妊娠中の仕事との両立、周囲との付き合い方など、前向きになれるようなアドバイスをいただきたいです。よろしくお願いします。

うまく付き合っていくに越したことはない

この連載の過去記事はこちら

妊娠、おめでとうございます! 良かったですねぇ。初めての妊娠とのことですし、安定期に入っていないということなので、つわりがあったり体調が今イチだったり、色々なことが重なって気持ちが不安定になることもあるでしょう。

そんな中で仕事と両立していくわけですから、これまでと周囲の景色が違って見えてくるということもあるかもしれません。それでも周囲ともうまく付き合っていくに越したことはないですよね。

次ページ双方で戸惑ってしまっている
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT