ワーママが絶対通る「泣き言期」を脱する方法

「もう限界!」と騒いでも解決にはならない

復職後の「泣きごと期」を脱するには?(写真:KAORU / PIXTA)
結婚・出産で大きく変化する女子の人生は、右にも左にも選択肢だらけ。20代はもちろん、30代になっても迷いは増すばかり。いったいどの道を選べば幸せに近づけるのか? 元リクルート“最強の母”堂薗稚子さんがお答えします。
※お悩み相談はこちらのアドレス(onnaーsodan@toyokeizai.co.jp)まで

 

【ご相談】
30代後半の正社員です。今後の働き方について、迷っています。
係長になってから出産、育休1年取得しました。受け持つ業務量は妊娠出産により変化することはないので、妊娠中も残業、産前の産休中にも一部出勤し、復帰後は、育児により残業できる時間が限られるため、休日に夫に子どもを預け、出勤して遅れをとった部分を取り戻しています。
先日、人事異動があり、より業務量の多い部署に配属され、夫も休日出勤が増えたので、さらに私の働く時間が限られてしまい、つねに仕事をギリギリ期限に間に合わせている状態です。
このままでは仕事の質を下げてしまうおそれがあり、もともと上昇思考もなかったので、係長職を辞めたい旨を、上司を通して、人事部に伝えましたが、受け入れてもらえませんでした。
時短勤務や育休3年までの制度はあり、若いママは取得していますが、私の場合、係長業務を代わる人がなく(代わりの人員配置がなく、課長などの業務量が増える)、1年育休取得しただけでもありがたいと思わざるを得ません。一方で、子どもを犠牲にしていると感じます。また、今後、第2子をつくること=産休育休をとることも望めません。
ただ、産休育休時以外は、仕事に穴を開けないよう、ほかの社員に負担をかけないように、可能なかぎり努めてきたつもりでした。しかし先日、同じような立場状況の同僚と「この人事異動は仕事を辞めろってことなのかな」と話をしていたら、それを聞いていた別の社員に、「辞めれば良いのに」と影で悪意をもって言われていたらしく、責任感だけでどうにか働いてた気持ちが折れる感じがしました。
今後、迷惑をかけないために、私は退職した方が良いのでしょうか。家庭の事情から働かざるを得ないのですが、年齢的に、退職して次の職が見つかるかわかりません。

 

次ページ堂薗姐さんからのコメントは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT