ワーママが絶対通る「泣き言期」を脱する方法

「もう限界!」と騒いでも解決にはならない

復職後の「泣きごと期」を脱するには?(写真:KAORU / PIXTA)
結婚・出産で大きく変化する女子の人生は、右にも左にも選択肢だらけ。20代はもちろん、30代になっても迷いは増すばかり。いったいどの道を選べば幸せに近づけるのか? 元リクルート“最強の母”堂薗稚子さんがお答えします。
※お悩み相談はこちらのアドレス(onnaーsodan@toyokeizai.co.jp)まで

 

【ご相談】
30代後半の正社員です。今後の働き方について、迷っています。
係長になってから出産、育休1年取得しました。受け持つ業務量は妊娠出産により変化することはないので、妊娠中も残業、産前の産休中にも一部出勤し、復帰後は、育児により残業できる時間が限られるため、休日に夫に子どもを預け、出勤して遅れをとった部分を取り戻しています。
先日、人事異動があり、より業務量の多い部署に配属され、夫も休日出勤が増えたので、さらに私の働く時間が限られてしまい、つねに仕事をギリギリ期限に間に合わせている状態です。
このままでは仕事の質を下げてしまうおそれがあり、もともと上昇思考もなかったので、係長職を辞めたい旨を、上司を通して、人事部に伝えましたが、受け入れてもらえませんでした。
時短勤務や育休3年までの制度はあり、若いママは取得していますが、私の場合、係長業務を代わる人がなく(代わりの人員配置がなく、課長などの業務量が増える)、1年育休取得しただけでもありがたいと思わざるを得ません。一方で、子どもを犠牲にしていると感じます。また、今後、第2子をつくること=産休育休をとることも望めません。
ただ、産休育休時以外は、仕事に穴を開けないよう、ほかの社員に負担をかけないように、可能なかぎり努めてきたつもりでした。しかし先日、同じような立場状況の同僚と「この人事異動は仕事を辞めろってことなのかな」と話をしていたら、それを聞いていた別の社員に、「辞めれば良いのに」と影で悪意をもって言われていたらしく、責任感だけでどうにか働いてた気持ちが折れる感じがしました。
今後、迷惑をかけないために、私は退職した方が良いのでしょうか。家庭の事情から働かざるを得ないのですが、年齢的に、退職して次の職が見つかるかわかりません。

 

次ページ堂薗姐さんからのコメントは?
関連記事
トピックボードAD
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • Tリーグ成功への道のり
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今だからこそ光る<br>絶好調企業の秘密

なぜあの会社の収益力は高いのか。パーク24、「かつや」のアークランドサービスなど17社の稼ぎの秘訣を大公開。テーマは「内需」「海外」「新市場創造」「重厚長大企業の復活」。産業天気図や出遅れ銘柄ランキング、株価10倍銘柄なども。