膨大すぎるママ友LINE合戦を「抜ける」方法

天気や夕飯の話が延々届く…

小学生のママ友との付き合い方で悩んでいます(撮影:梅谷秀司)
結婚・出産で大きく変化する女子の人生は、右にも左にも選択肢だらけ。20代はもちろん、30代になっても迷いは増すばかり。いったいどの道を選べば幸せに近づけるのか? 元リクルート“最強の母”堂薗稚子さんがお答えします。
※お悩み相談はこちらのアドレス(onnaーsodan@toyokeizai.co.jp)まで

 

【ご相談】
小2の子どもを持つワーキングマザーです。子どもの通う公立の小学校は、1学年3クラスあってそれなりに人数もいて、1年生の頃に何度か保護者会や学校公開日に参加するうちに、何名かの新しいママ友もできました。みんなワーキングマザーだと言っていたので、必要な情報を交換したり、子どものことでも気付いたことは気軽にやり取りしようとLINEのグループも作りました。
ところが、誰かからのメッセージが朝から晩まで届くのです。返信しないとまずいと思うから、合間を見て一生懸命何かしら返信する日々。同じように働いていたらとてもこんなにスマホばかりいじれないと思うのですが、天気の話や夕飯メニューの話や、「どうでもいいよ」と思うような話題も。自分がグループから抜けるのも、なんだか仲間はずれみたいでモヤモヤするし、必要な情報も入ってこないかもとも思います。保育園時代はあっさりしたママ友関係だったのですが、小学生のママ友ってこういう感じなのでしょうか。仕事と家庭、育児に加えて、こういった付き合いもこれから続くのかと不安です。

朝から晩までママ友からのLINEが届く

この連載の記事一覧はこちら

あるあるなんでしょうねぇ。時々、友人がぼやいてたりする話にちょっと似てる!

実は私、スマホを使ってはいますが、LINEやってないんですよ。理由を聞かれて「アナログ人間で苦手なのよ~」と答えると、「メールよりすごく簡単だし楽よ!」「無料なのに!」などと丁寧にいろいろ教えてくれようとする人もいます。何か意地になってやっていない、というよりも、基本的に人間関係に不器用、いろんな点でだらしない、それなのにすぐくよくよと気に病んでしまう、そんな自分の性格から考えると、SNSを使っていると振り回されること必至なので、自制している、というのが本当のところでしょうか。

次ページもやもやする必要はない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。