新人育成に悩む人が陥りがちな「2つの罠」

相手の人間育成までやる必要はありません!

新卒社員の教育担当になりましたが、接し方がわかりません…(写真:kou / PIXTA)
結婚・出産で大きく変化する女子の人生は、右にも左にも選択肢だらけ。20代はもちろん、30代になっても迷いは増すばかり。いったいどの道を選べば幸せに近づけるのか? 元リクルート“最強の母”堂薗稚子さんがお答えします。
※お悩み相談はこちらのアドレス(onnaーsodan@toyokeizai.co.jp)まで

 

【ご相談】
29歳、入社8年目です。新卒社員の後輩女性の教育担当になりました。世代の違いもあるのだろうと思いますが、なかなかわかりあえず、どう接していいかわかりません。彼女は「プライベートも充実させたい」と言い、それには私も共感しますが、自分の仕事が終わっていなくても、「予定があるので」と言って帰ってしまいます。朝も早く来るわけでもなく、納期に遅れても平気な顔をしています。
いちばん最初の挨拶の時に「何でも聞いてね」とは言いましたが、伝票の保管場所からPCのキー操作まで本当になんでも聞いてきて、さらには同じ質問を何度もします。仕事をなめているんじゃないかと上司に相談したら、「強く言って辞められたら困るし、ハラスメントと言われたらおしまいだよ」と言われました。彼女にどう接すればいいでしょうか。後輩の顔色をうかがって、言いたいことも言えず、何が教育担当だと虚しくてたまりません。

どの時代にもある永遠のテーマ

この連載の記事一覧はこちら

これまた、あるある、ですね。数年前には「扱いの難しい」新人だった人が、「新人とどう接すればいいのか」と相談してくるのも、本当によくあることです。それくらい「今どきの若者の気持ちはわからん」「扱いに困る」というのは、どの時代にもある永遠のテーマのひとつなのでしょう。

あなたの気持ちにはとても共感します。でも、ひとつ気になるのは、後輩育成の苦労を「世代の違い」という言葉を持ち出して語ってしまっていること。

次ページ「世代」でくくらず、「個」を見る
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。