「ゆとり部下」に泣かされる人は、何が問題か

指導の方向性を誤ると自分も組織も疲弊する

ゆとり世代と一括りにされる彼らの中にも、世代間ギャップがあります

人気脚本家・宮藤官九郎さんが手掛けた最新作ドラマ『ゆとりですがなにか(日本テレビ系 毎週日曜夜10時半放送)をご存じでしょうか。日曜遅めの時間帯にしては好視聴率を獲得しており、幅広い世代から注目されていることがうかがえます。

本作品の主要テーマは、「ゆとり世代には、ゆとり世代なりの悩みがある」。背景にあるのは間違いなく、職場における若手層と中堅層、そして管理職層とのコミュニケーションギャップの問題でしょう。

そこで今回は、「ゆとり世代」と呼ばれる若者を部下に持ち、日々世代間ギャップに悩む管理職の多さに着目し、そのギャップを埋める解決方法をアンガーマネジメント的に検討してみます。

「ゆとり世代」の中にも世代間ギャップがある

この連載の記事一覧はこちら

そもそも、ゆとり世代に明確な定義はありません。ドラマでは、1987年(昭和62年)生まれを「ゆとり第一世代」とし、2002年からの改正教育(週休2日、絶対評価制などを導入)を受けてきた者たちとしています。「円周率を3として計算する」「運動会の徒競走では手をつないで皆でゴールイン」などがよく引き合いに出されますね。

また、「努力したってムダ」と結果を悟り、高望みをしない若者のことは「さとり世代」と呼ばれています。こちらはゆとり世代の中でも、おおむね1990年代以降生まれのことを指すようです。

ドラマでは、仕事をなめきっている新人を29歳の主人公(ゆとり第一世代)が強い口調で叱責したところ、その新人が翌朝上司にLINEで退職を連絡、後日労働組合員と弁護士を引き連れて来社し、主人公やそのほかの上司を怒鳴り、罵るというところまで進んでいます。

23歳と29歳。ゆとり世代という言葉で一括りにすることはできますが、彼らの間にも確実にジェネレーションギャップがあるのですね。

次ページまったく違う「こうあるべき」を教えられた世代
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。