無視できない流行の発信源「パリピ」の生態

なぜ彼らがこれだけ影響力を持つのか?

知られざる「パリピ」の生態とは?(写真:Ushico / PIXTA)

突然ですが、日本人はいつからこれほどまでにハロウィンをやるようになったのでしょうか?

私の観察調査ですと、東京に住んでいる比較的早い子で2007~8年あたりからコスプレをして繁華街へ繰り出すようになったように思います。そして、マスメディアなどに取り上げられるような、渋谷や六本木に大規模コスプレ集団が集うようになったのが2010年あたりから。

そして、とうとう2015年、日本記念日協会・記念日文化研究所によると、ハロウィンの市場規模(推計)は前年比11%増の約1220億円に。2014年のバレンタインデー市場(約1080億円)を上回り、2011年の560億円からわずか4年で倍増しています。2015年からは日本全国の地方都市でもかなり大規模なハロウィンが開催されるようになってきました。

ハロウィンを広めた「パリピ」

今回レポートしてくれる若者研究所の現場研究員たち。写真左より、佐藤太一(慶應義塾大学4年)、松澤奏(慶應義塾大学4年)、勝山友瑚(早稲田大学4年)

さて、これだけ急激に、それまで日本に根付いていなかったハロウィンを広めた立役者がいます。

彼らは通称「パリピ」。パーリーピーポー(party people)の略で、クラブやフェスなどが大好きなアゲアゲな若者たちのことを指します。ここ数年、まず、彼らが飛びつき、そして、若者全体に拡大・普及していくイベントや商品やサービスが非常に多く見られるようになっています。

彼らの影響でエナジードリンク市場やオシャレなヘッドホン市場が拡大しています。いわゆる「ファンラン」と呼ばれるエレクトリックランやカラーランなどもそうですし、ラブホ女子会もリムジン女子会も「パリピ」たちが牽引して広がっています。

ハロウィンやエナジードリンクなどは若者だけではなく、他年代にまで広がってきています。

次ページ「パリピ」の影響力とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT