リムジンは古い?勃興する「新しい女子会」

生まれては消える女子会の「最新トレンド」

(写真:msv / PIXTA)

こんにちは。原田曜平です。

今回は、博報堂ブランドデザイン・若者研の現場研究員が、「新しい女子会」についてレポートしてくれます。

読者の方で「最近、男子があまり元気がなくて、女子の方が全然元気」などと実感されている方も多いことと思います。ぜひ、消費の中心となりつつある若年女子たちの新しい動向についてご覧ください。

最新!女子会の実態

今回レポートをしてくれる3人。写真は左から、東星羅(国際基督教大学4年)、伊藤久博(慶應義塾大学2年)、内山裕梨(清泉女子大学3年)

最近、若者の間で「新しい女子会」をする人が増えてきている。

以前までの女子会の代表的な例としては、リムジンを8人ほどで貸し切り、都内を周遊するリムジン女子会、ラブホテルで女子だけでお泊まりをするラブホテル女子会などがあった。しかしリムジン女子会やラブホテル女子会は、すでに多くの人がやっていて、SNSでも多く見かけられ、飽きられつつある。そこで今若者たちの間ではさまざまな新しい女子会が生まれている。

今回、私たちは「女子会最新事情」を調査した。新しい女子会の中で、「女子会ルームパーティー」、「ピクニック女子会」、「陶芸女子会」の3つに注目し、若者にインタビューを行い、その実態に迫った。

次ページ都内の私立大学に通うAさんのルームパーティー
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。