なぜ若者たちはこぞって「花畑」に行くのか?

変化する「リア充」アピール

SNSに花畑を訪れた写真をアップする若者が増えている(写真:わたなべ りょう / PIXTA)

こんにちは。原田曜平です。

今回は、博報堂ブランドデザイン・若者研究所の現場研究員が、若者の間で「SNS上で流行っている写真」についてレポートしてくれます。

これまでは、リムジンパーティー、ラブホ女子会などの派手な写真や、サークルメンバーなどの集団で一斉にジャンプしている写真など、いわゆる「リア充写真」が若者のSNS上に掲載されることが多かったわけですが、最近はその様相に変化が起きているようです。

若者たちは、これまでの派手なリア充写真から、自然の花の写真を撮りたいと思うようになっているようなのです。

なぜ、若者たちは自然へ回帰するようになっているのでしょうか?

花畑に押し掛ける若者たち

ここ1年ほど、若者世代のSNSには花畑を訪れた写真をアップする人が増えている。本レポートでは、この現象についての具体的な事例を紹介したうえで、なぜそれが起きているのか理由を検証してみたい。

①芝桜

(1) 立教大学3年Aさん
羊山公園の芝桜畑

5月に埼玉県にある羊山公園の芝桜畑を訪れた彼女。大学の最寄り駅・池袋駅のポスターを見かけて、友だちを誘って行ったという。

次ページサークル仲間4人でネモフィラ畑へ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。