なぜ若者たちはこぞって「花畑」に行くのか?

変化する「リア充」アピール

SNSに花畑を訪れた写真をアップする若者が増えている(写真:わたなべ りょう / PIXTA)

こんにちは。原田曜平です。

今回は、博報堂ブランドデザイン・若者研究所の現場研究員が、若者の間で「SNS上で流行っている写真」についてレポートしてくれます。

これまでは、リムジンパーティー、ラブホ女子会などの派手な写真や、サークルメンバーなどの集団で一斉にジャンプしている写真など、いわゆる「リア充写真」が若者のSNS上に掲載されることが多かったわけですが、最近はその様相に変化が起きているようです。

若者たちは、これまでの派手なリア充写真から、自然の花の写真を撮りたいと思うようになっているようなのです。

なぜ、若者たちは自然へ回帰するようになっているのでしょうか?

花畑に押し掛ける若者たち

ここ1年ほど、若者世代のSNSには花畑を訪れた写真をアップする人が増えている。本レポートでは、この現象についての具体的な事例を紹介したうえで、なぜそれが起きているのか理由を検証してみたい。

①芝桜

(1) 立教大学3年Aさん
羊山公園の芝桜畑

5月に埼玉県にある羊山公園の芝桜畑を訪れた彼女。大学の最寄り駅・池袋駅のポスターを見かけて、友だちを誘って行ったという。

次ページサークル仲間4人でネモフィラ畑へ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT