"食通世代"が、米国の食市場を激変させる!

「ホールフーズ」の次には何が来る?

ミレニアルズは「ホールフーズ」の次は、何に注目しているのでしょうか(写真:AP / アフロ)

※前回記事:なぜ米国で「食の屋外市場」が大盛況なのか

食は人とのふれあい、エンターテイメント

1980~90年代に生まれ、現在20~35歳くらいの米国の若者、通称「ミレニアルズ」。現在の米国の総人口の4分の1を占める、米国最大の人口群で、その影響力が注目されています。このミレニアルズは「フーディ・ジェネレーション」とも呼ばれ、米国の食生活の変化を牽引しているという話を前回記事でご紹介しました。

ミレニアルズは、実はこれまでのどの世代よりも外食にお金を使う世代とも言われています。

1カ月に外食に使うお金は174ドル(約2万1千円)で、これはほかの世代を1割以上、上回っているというデータもあります。またミレニアルズの9割は、懐が寂しくてもおいしいものにはお金をかけると答え、21歳から24歳のミレニアルズの6割以上は、新しい靴を買うより友達とディナーに行きたいと答えています。

ニューヨークのフリーランスライターで「A Taste of Generation Yum」の著者イブ・トゥーロウはこう分析しています。デジタル時代にバーチャルな現実に囲まれたミレニアルズにとって、実態があるもの、五感で楽しむことができるもの、そして人と触れ合うチャンスを作るものが「食」。だからこそ食へのこだわりが強いというのです。

たとえばフードネットワークの人気料理番組の最後は、料理したものを家族や友達で一緒に囲むシーンで締めくくられています。「食」をエンターテイメントとして捉え、料理しながら接客できるオープン・キッチンを始め、食器などのテーブルセッティングにも気を使う人が増え、こうした商品が売れています。

また食に関するイベントも注目されています。イベント専門のソーシャルメディア、イベントブライトが5000人のミレニアルズを対象にした調査によれば、過去1年間に食関連のイベントやフェスティバルに5回以上参加したという人が5割に達しています。

次ページホールフーズよりも価格を抑えたスーパー
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT