"食通世代"が、米国の食市場を激変させる!

「ホールフーズ」の次には何が来る?

もちろん中身も重要ですが、成分や製造過程に関する情報の透明性、さらに企業のあり方についても変革を迫られています。ミレニアルズのライフスタイルや嗜好、価値観が、大企業、そして米国全体の食を変えつつあります。

食料砂漠の存在

しかし実はこうしたミレニアルズの食意識にも大きな格差が存在しています。

フーディのミレニアルズはどちらかというと、食のエリートたちです。この連載の中で毎回必ずお伝えしていますが、ミレニアルズの中でも大きな格差があり、これは食に関しても同様です。

まずミレニアルズの5人に1人は貧困ライン以下で生活しており、常に食料の不足に直面しています。前回も述べたように、その多くは黒人やヒスパニックなどのマイノリティです。こうした低所得者が住む地域には「食料砂漠問題」があります。

特に大都市の貧困エリアにはスーパーマーケットが非常に少なく、住民は近所の小さな食料品店で買い物をするわけですが、こうした店では生鮮食料品はほとんど売られていません。結果、缶詰やインスタントなどの加工食品が食生活の中心になり、必要な栄養を摂ることができないため疾病の原因になるなど、「食料砂漠問題」は深刻です。

こうした状況を解決するために、政府が補助金を出してスーパーマーケットをオープンさせたり、ボランティアが学校に学校に農園を作るなどの対策をしていますが、目に見える効果は出ていないのが現状です。

一方で注目を集めるオーガニックやグルテンフリーなどの「健康な」食品も、値段が高いためにこうした低所得者の口には入りません。「健康は食から」という大前提も、低所得者には手が届かないものとなっているのです。

こうした状況の中、ウォルマートなどの超大型スーパーが、オーガニックフードを積極的に抑えた値段で提供し始めています。オーガニックやナチュラル・フードは高い、というイメージが近い将来変わることが期待されています。

今回の「食」というテーマに関しては、日本のさとり世代とミレニアルズに大きな違いが見られたように思います。

日本のさとり世代の「食」に関する行動は、一般的に、「とにかくコスパ重視」と言われています。あるいは、SNS映えを狙って時に見栄えのする食べ物を写すために「贅沢消費」をする、と言われています(これはミレニアルズも同じのようですが)。

健康志向、強いオーガニック志向、倫理性の強い企業の食材を買う、外食にお金をかける、生産者を気にする等、ミレニアルズに見られる「食」意識は、いずれ、日本のさとり世代にも見られるようになるのでしょうか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT