「持たざる者」がシェアエコノミーを生んだ

21世紀のイノベーションの「光と影」

ミレニアルズはシェアリング・エコノミーのおかげでより安く生活できると考えているようです(写真 :tomwang / PIXTA)

持たなくてもいい、アクセスできれば

この連載の過去記事はこちら

前回記事では、リーマンショックなど不況を経験してきた米国の若者、ミレニアルズ世代が車や住宅といった、かつてアメリカンドリームの象徴であったようなモノを買わなくなった現状についてご紹介しました。

では彼らはそれらの代わりに何に熱狂しているのか?

そのひとつが、スマホなどのテクノロジーを駆使したサービスです。デジタルネイティブのミレニアルズは、それらを用いて、これまでにないライフスタイルと消費の形を作り出しています。

それを代表するのはここ数年、米国を中心に世界の消費キーワードになっている「シェアリング・エコノミー」です。車から宿泊施設まで、さまざまなものをユーザー同士が直接シェアするシステムで、シェアのためのツールはスマートフォンアプリです。テクノロジーにヘビーに依存したピア・トゥ・ピア(対等の者同士、つまりユーザー同士が直接おカネやモノをやりとりする) の新たなビジネス形態です。ピア・トゥ・ピアというものの、ほとんどの場合がテクノロジーを開発した会社が運営企業としてかかわっています。

18~24歳のミレニアルズの実に85%が、シェアリング・エコノミーのおかげでより安く生活できる、83%が便利になると、非常にポジティブにとらえています。

次ページでは、どんなシェアの形態があるのでしょうか?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT