なぜ米国で「食の屋外市場」が大盛況なのか

「スモーガスバーグ」に熱狂する若者たち

「食の屋外市場」がなぜ米国で人気沸騰中なのか?(写真はグリーンマーケット)

1980~90年代に生まれ、現在20~35歳くらいの米国の若者、通称「ミレニアルズ」。現在の米国の総人口は約3億人ですが、そのうちの4分の1を占める米国最大の人口群として注目を浴びています。そのミレニアルズですが、別名「フーディ・ジェネレーション」と呼ばれています。

「フーディFoodie」は「食通」という意味の比較的新しい言葉ですが、従来の「グルメ」とはかなり違う意味を含んでいます。

ではフーディはグルメとどう違うのか?実はその違いにこそミレニアルズの食意識が現れているのです。

フーディに出会うために、まずブルックリンに行ってみましょう。

スモーガスバーグから見えてくる食意識

今世界で最も注目される最先端の街ブルックリンのウォーターフロントで、春~秋の毎週末開催されているのが、食のアウトドアマーケット「スモーガスバーグ」です。

マンハッタンのビルを見晴らす駐車場に屋台がひしめく

マンハッタンの高層ビルを見晴らす駐車場に約100件の食の屋台が軒を並べています。多くはタコス、フライドポテト、ドーナツなどのアメリカンフードですが、どれもひねりが効いています。

たとえばホーム・フリッツのフライドポテトは冷凍ではなくナチュラルなポテトを、ハンドカットしてカラリと揚げたものにブラック・トリュフとパルメザンチーズがまぶしてあり、ケチャップではなく6種類のソースをディップしていただきます。

タクミ・タコスはジャパニーズ・メキシカンのタコスで、マグロの刺身が揚げた餃子の皮で包まれ、スパイシーマヨネーズがかかって出てきます。他にも、すべてオーナー手作りの本格的な生ハムやチョリソー、100%オーガニックの無添加手作りサラダドレッシング、かと思えばラーメンバーガー(ラーメンの玉の間にハンバーグ)などのユニークなものも。

そして、値段は屋台だからといって決して安くはありません。だいたいどれも一皿10ドル(約1200円)、マンハッタンのビジネスマンがテイクアウトするランチと同じか、ちょっとだけ高い値段です。

次ページホットドッグとハンバーガーだけの米国は終わった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。