「Z世代」について知っておくべき5つのこと

これまでとは全然違う、10代の行動様式

いま、最も詳しく調査されている「Z世代」。彼らの特徴は?(写真 : Syda Productions / PIXTA)
この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

Z世代、ポスト・ミレニアル世代、センタニアル(centennial)世代――。好きな呼び方をすればいいが、このおよそ1995~2008年生まれの年齢層は、ブランドやマーケターの間で、いま最も詳しく調査されているグループだ。これまでミレニアル世代に向けられていた関心を奪っているといっても過言ではないだろう。

全世界で20億人、440億ドルもの購買力

それはなぜか? すでにこの世代は、全世界で20億人も存在する。米国においても人口の約26%を占め、民族的・人種的に見て、米国史上もっとも多様な構成となっているのだ。しかも、すでに440億ドルもの購買力がある(「お小遣い」のかたちかもしれないが)。

だが、米広告代理店オムニコム・グループの傘下にある消費生活コンサルタント会社Cスペースが行った、フォーカスグループ調査から明らかになったように、この世代は、自分の生活にしっくりと合い、自身がもっとも気に掛けている事象と結びつくブランドにしか興味がない。つまり、各ブランドは、旧来のマーケティング方法を一掃する必要があるようだ。

広告・マーケティングに関するマルチプラットフォームを提供する企業アイハート・メディア(iHeart Media)の最高マーケティング責任者(CMO)であるゲイル・トロバーマン氏は、次のように述べている。

「われわれはミレニアル世代に対して、コンテンツの内容を簡潔にすることに努めていた。60秒のスナップではなく、30秒、15秒、10秒と、スナップはどんどん短くしていった。また、6秒間の『Vine』動画クリップや、140字で投稿するTwitterも積極的に活用していた。しかし、Z世代に対しては、そうしたモデルは止めるよう、クライアントに忠告している。ブランドのストーリー性を重視し、Z世代が関心を持てる内容にすることに努めているのだ」

次ページマーケターが知っておくべき5つのこと
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT