大統領選は「米国版さとり世代」次第で動く!

なぜ彼らは民主党リベラルを推すのか?

今回は、米国ミレニアルズと政治について考えてみます(写真:ロイター/アフロ)

ミレニアルズを見ればわかる大統領選の行方

米国では4年に1度の大統領選が来年に迫り、民主共和両党の候補者争いがすでに始まっています。そんな中、米国の人口の4分の1を占める米国版さとり世代、つまり現在の20~35歳くらいのミレニアルズが、その結果を決定付けるとまで言われています。

実は過去2回の大統領選で、メディアは「オバマ当選」を予測できませんでした。特に2012年の再選の時はほとんどのメディアが直前まで共和党のロムニー候補の優勢としていました。その理由は、ミレニアルズの動きがつかめていなかったからと言われています。

そもそも、ミレニアルズに対しては長いこと「怠惰で過保護でスポイルされた世代」で、「自分中心で政治にあまり関心がない」という先入観がありました。しかし今になってみれば「オバマ大統領を2回当選させたのはミレニアルズ」だったのです。

2012年、ミレニアルズの6割はオバマに投票しました。それに比べ、彼らの祖父母の世代、サイレントジェネレーションでは44%でした。これほど世代差が出ることは、2008年のオバマ初当選まではなかったと言われています。いったい何がここまでの世代差をもたらしたのでしょうか?

ミレニアルズがどんな政治的な考えを持ち、誰を支持していて、これまでの世代とどこが違うのか? それを知ることで、2015年の大統領選が見えてきます。逆にそこを見逃してしまうと、真実を見誤ることにもなります。そこで今回はミレニアルズと政治について考えてみます。

次ページミレニアルズは必ずしもヒラリーを支持していない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 今日も香港から
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。