大統領選は「米国版さとり世代」次第で動く!

なぜ彼らは民主党リベラルを推すのか?

今回は、米国ミレニアルズと政治について考えてみます(写真:ロイター/アフロ)

ミレニアルズを見ればわかる大統領選の行方

米国では4年に1度の大統領選が来年に迫り、民主共和両党の候補者争いがすでに始まっています。そんな中、米国の人口の4分の1を占める米国版さとり世代、つまり現在の20~35歳くらいのミレニアルズが、その結果を決定付けるとまで言われています。

実は過去2回の大統領選で、メディアは「オバマ当選」を予測できませんでした。特に2012年の再選の時はほとんどのメディアが直前まで共和党のロムニー候補の優勢としていました。その理由は、ミレニアルズの動きがつかめていなかったからと言われています。

そもそも、ミレニアルズに対しては長いこと「怠惰で過保護でスポイルされた世代」で、「自分中心で政治にあまり関心がない」という先入観がありました。しかし今になってみれば「オバマ大統領を2回当選させたのはミレニアルズ」だったのです。

2012年、ミレニアルズの6割はオバマに投票しました。それに比べ、彼らの祖父母の世代、サイレントジェネレーションでは44%でした。これほど世代差が出ることは、2008年のオバマ初当選まではなかったと言われています。いったい何がここまでの世代差をもたらしたのでしょうか?

ミレニアルズがどんな政治的な考えを持ち、誰を支持していて、これまでの世代とどこが違うのか? それを知ることで、2015年の大統領選が見えてきます。逆にそこを見逃してしまうと、真実を見誤ることにもなります。そこで今回はミレニアルズと政治について考えてみます。

次ページミレニアルズは必ずしもヒラリーを支持していない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT