米大統領選に「奇妙な候補者」が溢れる理由

「大統領不適格者」が次々に名乗り

大統領選に名乗りを上げている、ドナルド・トランプ氏(写真:Rick Wilking/Reuters)

米国大統領選挙運動は、候補者の人数(現在14人、さらに2~3人現れると予想)だけでなく、候補者の性質も極めて奇妙だ。

民主党側に関する政界の疑問は、ヒラリー・クリントン前国務長官が敗れる可能性があるかどうかだ。クリントン夫妻はさまざまな予期せぬ事態やスキャンダルを起こしている。多くの民主党議員が彼女を支持しながらも熱意に欠けているのはそのためだ。

共和党レースの見通しは?

社会主義者を自認するバーニー・サンダース上院議員は、この選挙の盛り上がりを刺激している。彼の提案の多くは、厳しい追及を免れえぬ一方(たとえば、すべての大学生の授業料を無料にするという計画の資金はどのように調達するのか)、これまでのところ、そういった追及に真剣に対処することを何とか避けている。

対照的に、共和党のレースは見通しのよいものとなっている。今年初め、大方の見方は、ジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事が立候補するなら本命となるだろう、というものだった。理屈上、彼は楽勝するだろうと思われたが、選挙は理屈どおりにはいかない。指名争いの最初の舞台となるアイオワ選挙区の幹部会では、福音主義のクリスチャンが非常に重要な役割を演じるが、これらのクリスチャンを満足させることに注力しすぎた場合、候補者は当選が難しくなる可能性もある。

次ページトランプを超える奇妙な人物
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。