なぜメディアは本田も協会も甘やかすのか

セルジオ越後に聞く「日本サッカーの問題点」

本田はW杯2次予選でゴールをあげられなかったが、翌日のメディアでは批判されなかったに等しい扱い。正しい批判がないのは、選手にとっても不幸だ(写真:FAR EAST PRESS/アフロ)

セルジオ越後氏に3回に渡って「日本サッカーの問題点」を聞く第2回は、男子の日本代表について。ハリルホジッチ新監督のもとでイラクに4対0で勝利(6月11日)するなど、3戦全勝で順風満帆だったはずの日本代表だが、いざ本番のワールドカップ2次予選シンガポール戦(同16日)は、1点もとれずに引き分けてしまった。こうしたギャップは一見したところ、素人にはわからない。何が問題なのだろうか。(聞き手:飯尾篤史)

       第1回 なでしこは2016年、見捨てられる危険がある

ハリルホジッチのリーグ期間中のバカンスはおかしい

――男子の日本代表についても聞かせてください。2018年ロシア・ワールドカップのアジア予選が開幕しましたが、初戦のシンガポール戦(埼玉スタジアム)に0-0で引き分けてしまいました。

 男子もまずはメディアについての話をしましょうか。僕が疑問に思うのは、シンガポール戦が終わった6月20日に日本代表監督のハリルホジッチが3週間のバカンスを取るためにヨーロッパに帰ってしまったこと。そして、どのメディアもそのことについて批判しなかったことです。

日本サッカー協会の霜田正浩技術委員長は「この3カ月間、休みなくやってきたので、リフレッシュしてくれたら」と説明しましたが、ヨーロッパのシーズンは終わっても、J1リーグの第1ステージは終わっていませんでした。それなのに帰国してしまったから、ハリルホジッチは浦和レッズが第1ステージで優勝した瞬間を見ていないんですね。

これはちょっと考えられないことです。例えば、日本代表監督だった頃の岡田武史さんが「疲れた」と言ってJリーグ開催中にバカンスを取ったら、どうでしょう?各方面から徹底的に叩かれると思います。なぜ、ハリルホジッチは許されるんですか?外国人だからですか?おかしいでしょう。

――それを許した日本サッカー協会にも、それをスルーした日本のメディアにも問題があると。

もちろんです。ハリルホジッチは予選が終わったばかりで疲れている?いやいや、今年の3月半ばに就任して、まだたった4試合しか戦っていません。しかも3試合が親善試合で、4試合すべてがホームゲームでした。

疲れているというなら、3月のJリーグ開幕から休みなくプレーし、ワールドカップ予選が終わってもJリーグが続く国内組の選手たちのほうがよほど疲れていると思います。

次ページチェック機能をまったく果たしていないメディア
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT