米大統領選に「奇妙な候補者」が溢れる理由

「大統領不適格者」が次々に名乗り

筆者はドナルド・トランプ氏が選挙戦に参加することがおかしいとは考えない。大統領に適任とはいえないが、彼の所信表明演説には、米国の暗部に訴える資質が表れていた。

メキシコからの移民について「彼らはドラッグを持ち込み、犯罪を持ち込んでいる。彼らは強姦者だ。だが一部には、よい人々もいるのだろう」との攻撃的な意見を述べたことで、世論調査でトランプ氏の好感度が上昇し、多くの共和党議員を当惑させた。

不適格者はなぜ支持を得ているのか

さらに奇妙な側面の一つには、元外科医で政治家としては新人のベン・カーソン氏の成功がある。同性愛についての彼の極端な見解(同性愛を獣姦になぞらえ、人間は獄中で過ごすことでゲイになるのだと主張している)は、共和党支持母体の一定の層から共感を得ており、彼はアイオワ州で重要候補者となっている。

この選挙は、過去最多の候補者がいるだけでなく、記憶されるどんな選挙よりも、明らかに大統領としては不適格な候補者が多い。しかも彼らは現在のところ非常に健闘している。この選挙戦は確実に面白いものになるだろう。

週刊東洋経済2015年8月1日号

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。